2008年10月23日 (木)

サローネン指揮ロス・アンジェルスフィルハーモニー演奏会

松岡究です。今日は久しぶりに演奏会を聴きに出かけました。場所はサントリーホール。

曲目 

 ストラヴィンスキー:花火

 ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1947年版)

 ドビュッシー:交響詩「海」

 ラヴェル:ボレロ

指揮  エサ・ペッカ=サローネン

今までサローネンは何回か来日してるのですが、一度も聴けずじまいで今回は何としても聴きたかった指揮者です。期待を裏切らない素晴らしいコンサートでした。

どの曲もどの演奏もピアニッシモからフォルティッシモまで全く濁りの無いサウンドを作り出しているのが、彼のロスフィルに対する大きな功績なのではないでしょうか。そしてどこも明晰で考え抜かれた表現とスマートでダンディーとも言える彼のスタイルは、現代そのものの投影されたものと言ってもいいかもしれません。オーケストラの鳴り方としては大変おとなしい感じがするものの、決して表現を抑えているのではなく、北欧的(透明性として)と形容したくなるような透き通った音がホールを満たしているんです。打楽器の音までが各楽器と交じり合ってひとつ大きな有機体を形成しているような印象を持ちました。

プログラムの中で白眉だったのが、ドビュッシーの「海」。彼の表現は精緻な水彩画(決して油絵ではなく)のようで、最初の出だしからピアニッシモの中にコントラストがあって、思わず引付けられました。何だか不思議な体験!

他の演奏も素晴らしかったのだけど、アンコールの「メリザンドの死」(多分)が絶品。こういったメロディックな曲もその和声の組み立て方から旋律の歌わせ方まで素敵と言う言葉がぴったり。

ロスフィルとの蜜月時代は今シーズンで終わりとか。大変残念ですが、今度はもっと凄いオケでサローネンの世界を聴きたいです。

    hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2008年4月15日 (火)

第10回成城管弦楽団演奏会ご招待

松岡究です。4月20日の合奏団ZEROに引き続き、27日に成城管弦楽団の第10回の演奏会を指揮いたします。そこで、皆さんをご招待したいと思います。もしお聞きになりたい方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください。

4月27日(日)午後2時開演  大田区民ホール・アプリコ

曲目 ワグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー~前奏曲

    フォーレ:ペレアスとメリザンド

    チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

第10回ということで、第1回にやったマイスタージンガー前奏曲を、自分たちの成長を見届ける意味で、もう一度演奏したいとみんな張り切っております。

みんなほとんどが私のかわいい後輩たちです。勿論先輩もいらっしゃいます。(笑)

ぜひ足をお運びください。

       hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

合奏団ZERO第2回演奏会のお知らせ

松岡究です。来る4月20日に私のオーケストラである合奏団ZEROの第2回演奏会を開催いたします。

4月20日(日)午後2時開演 中野ZERO大ホール

曲目  

モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」変ホ長調

以上の2曲です。当日はひとつの試みといたしまして、入場料無料で開催いたしますので、ぜひ皆様足を運んでいただきますようお願いいたします。

前回の第1回演奏会の後、昨年秋にはモーツァルト「レクイエム」他を演奏いたしました。少しずつではありますが、着実に良い方向へ行っているように思います。皆様の忌憚のないご意見・ご批評を、お聞かせくだされば一層の励みにもなります。どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:当日は整理券が必要となります。お入用の方は私に連絡をいただければと思います。~整理券がないと浮浪者が入り込むとこがあるそうで、それを防ぐ意味があるそうです。よろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年10月 3日 (水)

9月28日コーミッシェオパー管演奏会

松岡究です。9月28日に行われたコーミッシェオパー管弦楽団の今期最初のコンサートです。

曲目   J・シュトラウス:皇帝円舞曲

      ショスタコーヴィッチ:チェロ協奏曲第2番

      ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調

   チェロ:アルバン・ゲアハルト

   指揮:アレクサンダー・ジナイスキー

何とも奇妙なプログラミング。でも皇帝円舞曲の演奏自体は悪くないけど、何とも無味乾燥と言うか、艶がないというか、色気がないというか。あのウィーンの雰囲気を出すのは本当に難しいですね。

次のショスタコーヴィッチの協奏曲は、私が中学生の時にロストロポーヴィチが確か初来日して、自分に捧げられたこの曲を演奏して以来聴く曲でした。あの時の鬼気迫るロストロのの演奏は今もはっきりと脳裏に焼きついています。そのときの指揮者を飛び越して、自分が弾いていない時に、右手の弓をN響に突きつけて振り回し、当時のホルンの確か田中正大さんが、真っ赤な顔をして吹いてらっしゃいました。もう腰を抜かさんばかりの名演というより、巨大なありえない演奏で、曲が終わっても拍手できなかったことを覚えています。それ以来、この曲は一度も耳にしませんでしたが、ゲアハルトで聴くとよく弾いてるんだけど、やはりあの巨人的な演奏は耳にすることはできませんでした。オーケストラももう一つで、緊張感が持続しなかったのではないでしょうか。

最後のドヴォ8。悪くはないのですが、何とも元気一杯で、ノスタルジーとか自然の美というものからはほど遠く、突進型のドヴォ8でした。こういう演奏は聴いていてあまり気持ちが豊かになりませんね。ジナイスキーは楽員から絶大な信頼を勝ち得ていたので、期待していたのですが、どうやら期待は裏切られたようです。

ちなみに前監督のキリル・ペトレンコはオペラの指揮者オブイヤーに、コーミッシェオパーも、年間最優秀歌劇場に選ばれました。

ちなみに去年ドイチェオパーは酷評されて、どうやらパルンボは辞任に追い込まれそうな雰囲気になってきました。後任にはランニクルズらの名前が挙がっています。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年9月28日 (金)

ネーメ・ヤルヴィ指揮ベルリンフィル

松岡究です。今日は気温は全く上がらず、おまけに夕方6時くらいから冷たい雨になってしまいました。3日前までの暖かさはもう戻ってこないのかなあ。

今日のベルリンフィルのコンサートは、3年前にベルリンに来てちょうど50回目のコンサートでした。個人差はありますが、確実に2回生まれ変わった位の回数を聴いたと思います。ありがたいことです。

曲目   バルトーク:ピアノ協奏曲第3番

      ハンス・ロット:交響曲第1番ホ長調

  ピアノ:エレーヌ・グリモー

  指揮:ネーメ・ヤルヴィ

グリモーは今月2回目。以前にもベルリンで聴きましたから今日聴くのは3回目でしたが、今日の演奏が一番良かったと思います(1回目は確かシューマン、2回目がベートーヴェンの4番)。最初から最後まで、ピアノの音はくっきりと冴え渡り、特に第2楽章では、ヤルヴィのサポートもよく、実に美しい音楽を奏でていました。前2回はフォルテになると必ずオケに埋没してしまっていたのですが、今回は全くそういうことはありませんでした。これはヤルヴィの手腕にも大きく関わっていることだと思います。

後半のハンス・ロットの交響曲。こんなに純真無垢で、尚且つ素晴らしい音楽があったのかと驚きを禁じ得ません。今日の演奏そしてこの曲を聴いていると、自分の10代の頃が思い出されて、胸がきゅんとなりました(そういう音楽なのです)。第1楽章の冒頭、トランペットで柔らかに歌われる第1主題は、まさに青春といった言葉がぴったりです。そしてその主題を使って展開していくオーケストレーションも素晴らしいものでした。第3楽章などは思わず会場から「ブラーヴィ」の声が漏れ聞こえてきたほど、素晴らしい躍動感ある演奏でした。ヤルヴィはこの曲の真価を余すところなく伝え、55分にも及ぶこの交響曲のベルリンフィル初演を、高い品質の演奏で飾ったと思います。この曲は多分これから数多ある交響曲の中で、かなりの地位を獲得していくのではないかと思われます。

わずか26歳で夭逝したこの作曲家を惜しむとともに、また逆に、こんなに純真な魂の持ち主は、現世の荒波には耐えられなかったのではと、勝手に想像してしまいました。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年9月27日 (木)

ライプツィッヒ ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会

松岡究です。昨日からベルリンは寒いベルリンに戻りました。でも今日はちょっと寒さは和らいでいましたが。

曲目   シベリウス :交響詩「タピオラ」

      シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調

      ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」

  ヴァイオリン:ジュリアン・ラクリン

  指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

会場は7~8割くらいの入りでしょうか。指揮のブロムシュテットも今年80歳だそうです。マズアもそうですから、時の流れは速いものです。シベリウスはブロムシュテットのお得意としている作曲家といわれています。しかしながら私にはそうは思えないのです。今回もちゃんと音にはしているんだけど、何が言いたいのか今ひとつ伝わってきません。シベリウスは、例えば2番の交響曲までの愛国心に満ちた感動的な部分と、3番以降に見られるように自然や神秘(色々な伝説や物語等も含めて)を歌い上げ、そして例えば4番のように精神的・内向的な面を持つ作曲家だと思っているのですが、ブロムシュテットの演奏はそのどれにも属さないと思えるのです。

ラクリンのヴァイオリンは大変美しく、決して大きな音ではありませんが伸びやかな抒情があります。またどちらかといえば明るい音色で、かつしっとり感もあり稀有の才能でしょう。第1楽章冒頭の美しさは例えようもなく、また2楽章の叙情性や3楽章の躍動感も素晴らしいものでした。ただブロムシュテットの音楽が合わせに重きを置いているため、この曲の表現としての方向性があまり感じられませんでした。

最後の「英雄」。これはとてもいい演奏だったと思います。引き締まったテンポ感と表現はとても80歳とは思えません。オケもその速いテンポを見事に弾ききり、素晴らしいアンサンブルを聴かせてくれました。ブロムシュテットの音楽はこの曲に限らず、ほとんどアゴーギクの幅がないのが特徴です。ですから時に単調になって聴こえてくるところもあり、それがいささか残念でした。しかし彼の息の音が会場中に響き渡り、気合が入っているのはいいのですが、それがまた聴いている人の集中を妨げたこともまた残念でした。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

ベルリンドイツ交響楽団演奏会

松岡究です。今日も暑い?一日でした。最高気温が25度まで達したようです。しかしまた明日から寒いベルリンに戻るようです。

曲目   ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

      ルトスラウスキ:オーケストラのための協奏曲

      ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調

  ピアノ:ピーター・ゼルキン

 指揮:インゴ・メッツマッハー

最初のハイドン・ヴァリエーションは何ともミスマッチな選曲でした。最初の木管の主題提示はちっとも美しくなく、アンサンブルもばらけていて、何よりメッツマッハーの音楽語法では対処し切れません。この曲は本当に指揮者にとっては晦渋で、彼はどうしてこの曲をやってしまったのでしょうか。これじゃ評価を下げるためにやったようなものです。2曲目のルトスラウスキは、水を得た魚のよう。オケも勿論メッツマッハーも生き生きとして、先ほどとは雲泥の差。彼は例えばブーレーズがワグナーとマーラー以降の作品にレパートリーを絞っているように、メッツマッハーもブラームスなんかやるのはやめて、20世紀と現代物を中心にやって行ったほうがいいのではないかと思いました。

後半の協奏曲。ゼルキンももう60歳です。しかし風貌は若いころのままでちょっとびっくり。そのゼルキンがオーソドックスに真摯にブラームスの内面を語ろうとしているのに、メッツマッハーの音楽はうわべをなぞるだけで、ブラームスの陰影や重厚さ、暖かい情感など何にもありません。ですからピアノとオケがちぐはぐで、ゼルキンがかわいそう。6月に聴いたバレンボイムとラトルの演奏が素晴らしかっただけに、かなり聴き劣りしました。

今日も客の入りは5割程度、音楽監督就任早々の演奏会、前回のマーラー4番、そして今回と客の入りは細る一方です。また最初の演奏会の「英雄の生涯」から比べると、かなり今日はアンサンブルが雑で、この先どうなるのでしょうか。多分今シーズンが終わるころには、メッツマッハーとベルリンドイツ響の未来は決まるような気がしてきました。

ちょっとデクレッシェンドの方向に行ってると思います。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

ラトル指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団定期公演

松岡究です。昨日のラトル・ベルリンフィルの模様は、EMIミュージック・ジャパンのラトルのホームページの方に寄稿させていただきました。今確認しましたが、アップされておりますので、どうぞそちらをご覧下さい。宜しくお願いいたします。

http://www.toshiba-emi.co.jp/classic/rattle/review/

| | コメント (0)

2007年9月21日 (金)

マズア指揮フランス国立管弦楽団ベルリン公演

松岡究です。今日は快晴の一日でした。日差しを浴びるとまだ太陽の力が強くて、「あ~まだ冬じゃないんだ」って思ってしまいました。9月の太陽はまだ強いですね。今週末あたりはもう少し暖かくなる予報が出ていました。

曲目   ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品19

      ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

   ピアノ:ダヴィッド・フレイ

   指揮:クルト・マズア

会場はコンチェルトハウスで、超満員の盛況ぶり。舞台はいつもは大きなシャンデリアが照らしているんですけど、今日はシャンデリアは消して、普通の照明を使ってやっていました。この方が私も良いと思います。ベルリンシュターツカペレとか、コンチェルトハウスオケはシャンデリアの照明でやってるんですが、かなり暗くて見辛いです。今日は舞台がすっきり見えました。この方がずっといいですね。

ピアノのフレイはまだ26歳の新人ですが、とても瑞々しい音を持ったハンサムなピアニスト。きっとこれから人気が出て、売れっ子になっていくんではないでしょうか。マズアのサポートもフランスのオケのちょっと明るめの音色の中にドイツ風の柔らかいニュアンスを出していて、このベートーヴェンの最初のコンチェルトにはとても似合った演奏になりました。アンコールではシューマンの「子供の情景」の第1曲を弾いたんですが、ここでまたもや携帯が鳴りました。どうなってるんでしょうね?マナーは地に落ちたかな。

後半のブルックナーは、うるさくなく、また重厚でもない、何と言うか爽やかな感じの音楽になりました。マズアというドイツの巨匠とフランスのオケが演奏するブルックナーは、形こそ大変オーソドックスですが、その聴こえてくる音色と感じはアルプスと言うより草原と言うに相応しく、教会というより地中海に見えるような白い家並といった感じでしょうか。しかし素敵な演奏だったと思います。ただ2楽章でシンバルが落っこちてしまいました。シンバルはその一発のためだけに舞台にいるので、彼?(見えなかったので)はただ舞台に座っていただけの人になってしまいました。また2楽章の最初でも携帯がなり、マズアがawwww・・・と思わず声を出していました。何とかならないですかね、携帯。

ドイツの指揮界は今やマズアが巨匠中の巨匠でしょう。彼は今年80歳ですが、かくしゃくとしています。ヴァントもクライバーもいなくなり、サヴァリッシュやシュタインは引退状態と言う現在、曲が終わった途端に皆が一斉にスタンディングオベイションになったのも、ドイツ人が彼を宝として思っているのではないかと、大変敬意を払っているのではないかと思わずにはいられませんでした。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

メッツマッハー指揮ベルリンドイツ交響楽団演奏会

松岡究です。今日はまた寒くなりました。雨が降って気温が上がらず、ずっと10度前後だったようです。ダウンのコートを出そうかどうか本当に迷います。

曲目    ヘルムート・エーリンク:青い海

       マーラー:交響曲第4番ト長調「大いなる喜びへの賛歌」

   トランペット:ウィリアム・フォアマン

   エレクトリックギター:イェルグ・ヴィルケンドルフ

   ソロ:テルツ少年合唱団団員

  指揮:インゴ・メッツマッハー

最初のエーリンクの作品は、最後の方にシューベルトの「さすらい人」が引用されていると言うことで、最初にハンス・ホッターの歌う「さすらい人」の録音が流れた後、メッツマッハーによって作品が紹介され、曲が始められるという異例の形が取られました。エーリンクは会場にも来ていましたが、その曲のほとんどは幼い頃の体験が下になっているということで、今回のこの曲もそうだそうです。そして彼は耳の不自由な両親の下に生まれ、作曲家になったということでした。またそのことから、プログラムにはベルリンで行方不明になった子供の情報提供を写真・名前入りで求めるなど、社会的な側面に音楽も参加しようと言う、多分メッツマッハーの意欲が現れていると思いました。

曲は、トランペットの半分楽器の音と自分の声を同時に出す奏法で非常にミステリアスに始まりました。後半からは、ボーイソプラノがシューベルトの「さすらい人」を所謂不安を表すようなオーケストラのトーンの中で素晴らしい歌を聴かせてくれました。10歳くらいでしょうか、彼は曲の途中で何度か音叉を鳴らして音をとり、歌っていくのです。その声はまさに何か救いを求める子供達を代弁していたのでしょう。

後半は、マーラーの第4交響曲。ここでもメッツマッハーはボーイソプラノ(違う子供でした)を4楽章で使っていました。演奏は柔らかいトーンが基調になったいい演奏で、彼の力は現代音楽だけではないのだ、と言うことをはっきりわからせてくれました。とても品が良く、うるさくなく、この作品の美しさを充分表現していたと思います。(1楽章でクラリネットが1小節は早く飛び出したり、フルートがあわや落ちそうになったりと事故はいくつかありましたが)

ただ客の入りがどう見ても6割に到達してなく、彼のプログラミングではこれからの客足が伸びるのかちょっと心配になりました。前任のケント・ナガノはほぼ一杯にしていただけに、頑張って欲しいものです。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

より以前の記事一覧