« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »

2019年12月28日 (土)

12月26日早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団第81回定期公演(創立40周年記念)

松岡究です。

一昨日、文京シビック大ホールにおきまして、早稲フィルの演奏会を指揮いたしました。曲目はサン・サーンスの「死の舞踏」、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲、ラフマニノフの「交響曲第2番」。

創立40周年記念ということで、舞台にもきれいに花が飾られ、お客様も沢山入った演奏会でした。演奏内容もみんなとても集中したいい演奏で、最初の死の舞踏も後半の幽霊が騒ぎまくるところなんかはド迫力、ヴァイオリンもよかったですね。

くるみ割り人形はトレパークと花のワルツ以外は室内楽といっても差し支えない作品。チャイコフスキーの中でも一番やりにくい難しい作品です。しかし一人ひとりが自分の最大の力を出してこの難しい作品を聴かせてくれました。

最後のラフ2は素晴らしい演奏になりました。ラッパのメロディーがなくなったりなどの事故はありましたが、この演奏も一人一人が集中して素晴らしい音楽を奏でてくれました。歌うということもかなりみんな理解してくれたように思います。技術的に大変難しい作品でしたが、40周年にふさわしい演奏になったのではないかと思います。

来年は12月24日、ティアラこうとうで早稲フィルを振ることになっています。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

12月24日神奈川大学管弦楽団演奏会

松岡究です。

昨日神奈川県立音楽堂におきまして、神大オケの演奏会を指揮いたしました。曲はチャイコフスキーの3大バレエから抜粋とカリンニコフの交響曲第1番。

まず、大きなアクシデント(ホルンのトップが前々日にインフルエンザから肺炎を併発して出演できなくなってしまいました)。そんな中1日でその穴埋めをし代打でホルンのトップを吹いた小野寺さんには大きな拍手を送りたいと思います。そして急遽加わってくれたOBの木内さんにもお礼を言いたいと思います。また逆に乗れなかったホルンのトップ奏者の気持ちも痛いほどよくわかります。

大変素敵なコンサートになりました。バレエは名曲ぞろいですが、白鳥の湖から情景、ワルツ、4羽の白鳥、マズルカ。眠れる森の美女からワルツとパ・ダクション。くるみ割り人形から行進曲、中国の踊り、花のワルツ。この中で途中3度も拍手がわきました。それは神大オケの演奏がそうさせたわけで、お客様も本当に楽しんでいただけたのではないかと思います。もちろん演奏面でいろいろなことが起こってはいましたが、音楽をやるということがどれだけ素晴らしいことかの端的な例だと思います。

カリンニコフの交響曲も、とても良かったですね。お客様がシ~ンと聴き入ってくれているのがよくわかりました。

アンコールでアンダーソンのそり滑りをやりましたが、みんなが演出を考え、私とコンマスがサンタの衣装を着、みんなはトナカイの角を頭にのせての演奏。きっとお客様には素敵なクリスマスプレゼントになったのではないかと思います。

 

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

11月24日IBM管弦楽団第34回定期演奏会

松岡究です。

少し遅れましたが、先週の日曜日に目黒パーシモンホールにてIBM管の演奏会を指揮いたしました。曲目はスッペ:軽騎兵序曲、モーツァルト:交響曲第39番、シューマン:交響曲第4番。

1回台風で練習が流れたので、5回の合わせで行った演奏会でした。しかしもともと実力のあるオケで、その5回の練習で1回1回の練習を実りあるものにして、いい演奏会ができたともいます。

スッペは最初ということもあって少し緊張していた感じでちょっと硬かったですね。モーツァルトはいいスピード感があり、適当な緊張感と相まっていい流れが作れていたように思います。

シューマンはみんなの集中力が結集したような演奏になりました。歌うべきところとじっくりと音を積み重ねていくところのメリハリがよくついていい演奏だったと思います。

わずか5回の練習dここまでの演奏ができるオケ!さすがはIBMと言いたくなってしまいます。今後の更なる発展を期待しています。

 

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年2月 »