« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月24日 (火)

9月23日成城管弦楽団第27回定期公演

松岡究です。

昨日目黒パーシモンホールにおきまして、成城管の演奏会を指揮いたしました。このオケは3年くらい前に府中の森ドリームホールでチャイ5をやってからみんなのモチベーションが上がり、オケとして、いい演奏を追求する姿勢が出てきたと言えます。今回のプログラムはラヴェルの「古風なメヌエット」ドビュッシーの「小組曲」そしてフランクの交響曲という全くはったりのきかないプロ。純粋に音楽をやるしかないのです。ですから個人の力量がはっきりとわかってしまいますし、音楽の理解力・演奏力・集中力が試されると言っても過言ではありません。

その点から申し上げると、まだまだでした。とてもいい練習ができたと思ったら次の練習では元に戻っていることが多く、その点では理解力が足りないのですね。理解しても咀嚼できないのかもしれません。結構高いレベルまで持っていけたなと思うと、次回には・・・・それが少し残念でした。

アマチュアの皆さんは皆さん仕事をしながらですから楽器に触れる時間は限られています。ひょっとすると次の練習まで全く楽器を触れない人もいるかもしれません。でも、というかだからこそ譜面を見て心の中で歌ってみるとかそういった努力が必要になってきます。でないと理解しても咀嚼できないということが起こってきます。そうすると自分の中でのギャップに苦しくなってしまうのではないかなあ?

次回は2020年5月9日に府中の森ドリームホールでブラームスの3番とメンデルスゾーンの5番です。これも全くはったりのきかないプロ。音楽をやるしかありません。頑張りましょう!

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »