« 4月21日中野区民交響楽団第64回定期公演終了 | トップページ | 5月27日都築オケ第32回定期演奏会 »

2018年5月 2日 (水)

4月29日横浜シティーフィル第65回定期公演

松岡究です。

先日の日曜日、みなとみらい大ホールにおきましてYCPの演奏会を指揮いたしました。

曲はレハールの金と銀、J・シュトラウス2世の南国のバラ、そしてマーラーの5番というプロでした。

前半の2曲のワルツ、このオケが順調に育ってきたことを物語るいい演奏でした。こういった演奏が日常的にできるようになることがとても大切です。

後半のマーラーの5番も第5楽章でちょっとした事故がありましたが、総じて素晴らしい演奏でした。特に第1・2楽章はその集中力が素晴らしくいい流れが創れました。第3楽章になるとほっとしたのか、あるいは悪い癖の盾を合わせようとする癖が出たのか、途端に流れが悪くなりました。しかし第1トリオを過ぎたあたりからまた集中力が復活し、そのあとはいい感じでしたね。第4楽章ははっきり言えばステリハのほうが素敵でしたが、終わってお客様から拍手があったように、音楽の流れと表現はしっかりと確保されていました。第5楽章、アレグロに入った時にちょっとした事故が発生しましたが、あそこで演奏を放り投げなかったのが良かったですね。ちゃんと棒を数えてくれていた人たち(特に木管楽器)が復活してくれて(あそこで数えるのをやめた人はその先もなかなか集中できなかったでしょう。演奏とはそういう難しい面がありますよね。)、何とか大勢を取り戻し、最後は壮大なクライマックスを築いてくれました。

客演するたびによくなっているのを実感します。きっともっといいオケになれるポテンシャルを持ったオケだと思います。頑張ってください!

    hakaru matsuoka

|

« 4月21日中野区民交響楽団第64回定期公演終了 | トップページ | 5月27日都築オケ第32回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月21日中野区民交響楽団第64回定期公演終了 | トップページ | 5月27日都築オケ第32回定期演奏会 »