« 12月17日米子第九合唱団クリスマスコンサート | トップページ | 12月27日早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団第77回定期演奏会 »

2017年12月28日 (木)

12月25日神奈川大学管弦楽団第70回定期演奏会

松岡究です。

25日クリスマスの日に鎌倉芸術館で神大オケの定期を指揮いたしました。

曲はグラズノフ「祝典序曲」、プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」抜粋、ラフマニノフ「交響曲第2番というプログラム。

23年ほどこのオケを見てきましたが、今回ほど難曲ばかりのプログラムはありませんでした。合宿で最初に音を出したときはほとんど弾けない状態。それがここまでになるとは若いというのは素晴らしいです。

グラズノフは最初の曲ということもあって、またそんなにオーケストレーションが洗練されているわけではないので、何とかやったという段階にとどまりましたが、プロコフィエフは、特に「ジュリエットの墓の前のロメオ」などはオケも十分に鳴り、かなりの説得力を持っていたと思います。

ラフマニノフは第2・4楽章で一瞬ひやりとする場面があった以外は歌うところは歌ういい演奏になりました。とくに第3楽章は良かったと思います。

アンコールは例によってホルストの「木星」。もう何回目になるでしょうか、すっかり定着した感があります。神大オケと言ったら木星といわれるようになりたいと思っています。今までの中では実にしっくりいった演奏で、レパートリーとはこうあるべしと、思いました。

   hakaru matsuoka

|

« 12月17日米子第九合唱団クリスマスコンサート | トップページ | 12月27日早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団第77回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月17日米子第九合唱団クリスマスコンサート | トップページ | 12月27日早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団第77回定期演奏会 »