« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月26日 (日)

11月26日武蔵野市民管弦楽団第87回定期演奏会終了

松岡究です。

昨日武蔵野市民文化会館におきまして、武蔵野市民管の演奏会を指揮いたしました。

曲はモーツァルトの31番「パリ」とブルックナーの4番でした。

先週のルスコ管と同じく今回が初めての客演でした。難物の曲が2曲ということで、皆さん大変だったと思います。しかしいい演奏会になりました。

パリは、なかなか演奏されない曲ですが、それは後期の交響曲と比べるとすぐに覚えてしまうようなメロディーがないというか、一見地味に聞こえるということからかもしれません。最初のステージということも有り、少し浮ついた面がそのまま音楽に反映してしまった点は残念でしたが、音楽の颯爽とした感じやスピード感はうまく出せていたのではないかと思います。

ブルックナーは前半に比べて皆さん落ち着いてやっておられました。いろんな細かいミスはあったものの、皆さんが集中力と流れを失わず音楽をやっていたのが最大の勝因。

これからもっと表現力を磨かれて音楽を語っていかれたらもっと素晴らしいオケになると確信いたしました。今後の躍進に期待いたします。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

11月19日ル・スコアール管弦楽団第43回定期演奏会終了

松岡究です。
昨日墨田トリフォニーホールにおきまして、ルスコ管の演奏会を指揮いたしました。
曲目はマーラーの第3番。ソロは三宮美穂さん、合唱は武蔵野合唱団、フレーベル少年合唱団。
とても素敵な本番になりました。初めてこのオケに客演しましたが、演奏能力の高さと理解力がとてもあって、マーラーの中では3番という比較的演奏される機会の少ない作品にその作品の素晴らしさを改めて示してくれた演奏でした。三宮さんのソロも武蔵野合唱団そしてフレーベル少年合唱団も作品の深さと明るさ、そして悩みと決意を余すところなく表現してくれました。
何より、ルスコの皆さんの音楽の流れが素晴らしく、またポストホルンソロもプロ顔負けの素晴らしさ、暗譜までしているという徹底ぶりには脱帽です!
このような演奏会を指揮できる喜びに感謝します。
    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

清水フィルハーモニー管弦楽団第3回親子コンサート

松岡究です。

昨日静岡県清水区のマリナート大ホールにおきまして、清水フィルの親子コンサートを指揮いたしました。今回初めて客演いたしました。

9月からの練習に伺いましたが、言えば変われる柔軟性を持ったオケで、それはとりもなおさずオケに力があることを物語っています。曲は展覧会の絵のプロムナードとカルメン前奏曲、そして森本バレー団とのコラボで白鳥の湖から7曲を抜粋して演奏いたしました。

開演の1時間半前からは約70分間子供たちの指揮者コーナーをロビーで延べ72名やりました。他のコーナーでは楽器体験コーナーもあり、主に乳幼児から小学校の低学年に至るまで、音楽に触れてもらいました。コンサートでも新たに3名の子たちにカルメン前奏曲の1部を指揮してもらいました。

バレー団との白鳥湖はとてもうまくいき、バレーの素晴らしさと音楽の素晴らしさを目と耳にしっかりと届けることができたのではないかと思います。オケが舞台の後ろに陣取り、その前でバレーを踊るといった感じでやらせていただきましたが、曲間の拍手はもちろん、終曲に至っては終わる直前から大きな拍手が巻き起こり、こういったコラボでの拍手としては一番理想的な拍手ではなかったかと思います。

素晴らしい企画と演奏をなさった清水フィルに拍手!

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »