« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月16日 (日)

4月16日中野区民交響楽団第62回定期公演終了

松岡究です。

本日中野ゼロ大ホールにて中野オケのコンサートを指揮いたしました。曲はチャイコフスキーのスラブ行進曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、そしてカリンニコフの交響曲第1番。

新生中野オケといっても過言ではなかったでしょう。団員も増え、練習の雰囲気もとてもいい感じがしました。したがってコンサートも大成功!

最初のスラブ行進曲からホールを鳴らして堂々たる演奏。次のラフマニノフはソロの犬飼新之介君が新鮮なラフマニノフを演奏してくれ、エキセントリックなピアニズムと抒情性のある美しい歌を披露してくれて出色。オケもよく聞くようになって良かったですね。

最後のカリンニコフも堂々たる演奏。またこの曲のもつたくさんの美しいメロディーと若々しい抒情性をよく表現できていました。35年くらい付き合っているオケですが、その中でも1・2を争う出来のコンサートではなかったかと思います。

これからももっと団員を増やして発展してほしいものですね。来年は4月21日(土)にまたやります。乞うご期待!!!

        hakaru matsuoka

| | コメント (2)

2017年4月 8日 (土)

4月8日アンサンブル横河第19回定期公演終了

松岡究です。

武蔵小金井駅前の小金井宮路楽器ホールにて、アンサンブル横河の指揮をいたしました。昨年に続いて2度目です。

曲はグリンカの「ルスランとリュドミラ」序曲、R・コルサコフ「ダッタン人の踊り」そしてシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」

ルスランが始まった時は、オケのテンションが異常といえるほど高く、コントロールが大変でしたが、その分この序曲の面白さが伝わったかもしれません。ダッタン人の踊りは良く歌っておりそのだいご味は十分でしたが、最後の行がやはりギリギリ・・・

最後のグレートは「歌曲王の交響曲」としての理解がみんなの中に深まりいい演奏になりました。一番自然な形でそれぞれのテンポが決まっていったと思います。飽きさせることなく聴かせることができたのは、この曲の神髄に迫った証拠。もちろんいろいろ傷はありましたが。

団員も増えてきて上り坂に来ましたね。これからの発展を心より祈念しています。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »