« 5月21日アンサンブル横河(横河電機管弦楽団)第18回演奏会終了 | トップページ | 神奈川大学管弦楽団第67回定期公演終了 »

2016年5月29日 (日)

5月29日 早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団定期公演終了

松岡究です。

本日練馬文化センター大ホールにおきまして、早稲フィル演奏会終了しました。曲は

モーツァルト:「後宮からの誘拐」序曲

ドボルザーク:スケルツォ・カプリチョーゾ

ブラームス:交響曲第2番

モーツァルトは出だしこそ堅かったもののいい集中力で始められたと思います。

次の曲は私もトレーナーも全く知らなかった作品。でもよく書かれた佳品で、全く手垢のついていない作品をとてもいい乗りと流れで表現し、佳演でありました。

次のブラ2は、私はある意味でブラームスの交響曲の中で一番手ごわい作品とみます。それはいろんな感情や情景が目まぐるしく変わる故に、柔軟な頭と腕前を持っていないとその落とし穴にすっぽりとはまってしまい、作品の持つ美しさなどは全くなくなってしまう演奏になりがちであるからです。しかしながら彼らは、自然なアゴーギクと流れをよく表現できて、本番でしかなしえなかった表現がたくさんありました。彼らの集中力の賜物!

冬の演奏会が今から楽しみになってきました。冬は12月25日に杉並公会堂でチャイコフスキーの「悲愴」その他を指揮することになっています。

      hakaru matsuoka

|

« 5月21日アンサンブル横河(横河電機管弦楽団)第18回演奏会終了 | トップページ | 神奈川大学管弦楽団第67回定期公演終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月21日アンサンブル横河(横河電機管弦楽団)第18回演奏会終了 | トップページ | 神奈川大学管弦楽団第67回定期公演終了 »