« 12月13日浜松交響楽団第79回定期公演終了 | トップページ | 2月5日金沢区民フィル第15回定期公演終了 »

2015年12月21日 (月)

12月20日神奈川大学管弦楽団第66回定期公演終了

松岡究です。

昨日鎌倉芸術館におきまして神大定期公演終了しました。

近年このオケは力をつけてきましたが、昨日のコンサートでもそのことをしっかりと証明してくれました。

1曲目J・シュトラウスの「皇帝円舞曲」。学生がウィンナワルツをやるというのは大変難しいことです。あの独特な洒脱の感じというのは、大人の音楽。いいコンセントレーションの元、開幕にふさわしい感じで始まってくれました。

2曲目はチャイコフスキーの白鳥の湖~抜粋。2曲目のワルツで拍手が起こるといううれしいハプニング。これはとりもなおさず、学生たちの演奏がよかったから起きた現象です。そして終曲まで、安定感のある演奏で、白鳥湖の世界を描いてくれました。

休憩後はチャイ5.。今まで中々うまくいかなかった冒頭部がきれいに決まって、いい滑り出し。2楽章のホルンのメロディーは一昔前のプロオケでもよくつぶれていたところですが、本当に美しい音色で吹いてくれました。3楽章も難しいワルツですが、とてもいい流れができていました。4楽章は一部ちょっと乱れはあったものの、最後は圧巻の表現。全体を通してみんなが、アンサンブルしようという意欲とよく聴きながら音楽する姿勢になっていたところが、昨日のコンサートを素晴らしいものにしたと思います。

アンコールは例によって、ホルストの惑星~木星。今回6回目ですが、もうみんなの中に音楽として受け継がれているものがあって、大変堂に入った感じがありました。もう神大オケの伝統ですね。

     hakaru matsuoka

|

« 12月13日浜松交響楽団第79回定期公演終了 | トップページ | 2月5日金沢区民フィル第15回定期公演終了 »

コメント

神奈川大学管弦楽団の第66回定期演奏会、お疲れ様でした。
今回は最初の皇帝円舞曲から安定した演奏で、安心して聴くことができました。しかも白鳥の湖はメリハリのきいた演奏で、ワルツの後の拍手も自然に起こりました。
なんといってもチャイコフスキーの第5番は、出色の出来栄えで、先生にこれまでのチャイ5でピカイチと評していただいたのも納得です。その後、何人かから(名古屋から聴きに来てくれた中学時代の同級生も含めて)「素晴らしかった」という評価をいただいています。
恒例となったホルストの木星も、各パートの楽器の音色がきらきらと輝いていて、これまでにないほど管楽器の実力も上がっていると感じました。
全体を通してワルツを織り込んだ難しい楽曲構成を、安定感のある、しかもメリハリのきいた演奏にまで仕上げていただいたのは、松岡先生の円熟味を増したご指導のおかげと、感謝いたします。
             顧問 伊坂青司 

投稿: 伊坂青司 | 2015年12月23日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月13日浜松交響楽団第79回定期公演終了 | トップページ | 2月5日金沢区民フィル第15回定期公演終了 »