« 11月29日 第29回鳥取県民による第九米子公演終了 | トップページ | 12月20日神奈川大学管弦楽団第66回定期公演終了 »

2015年12月16日 (水)

12月13日浜松交響楽団第79回定期公演終了

松岡究です。

13日に浜松アクトシティーで行われました浜響定期、素晴らしい演奏会になりました。

オールベートーヴェンプロでコリオラン序曲、皇帝、Vn協奏曲の3つ。ピアノは犬飼新之介さん、ヴァイオリンは戸田弥生さん。

久しぶりの浜響、10月28日に最初の練習時には、「何だこりゃ!」てな音しか出せない感じで、いったいどうしたのか聞いたら、半年間毎回初見大会になっていた由。宮川さんの新作のミュージカルにかかりきりになっていたようです。それは公益財団としては素晴らしい仕事だったと思いますが、オケとしては半年充実感のないまま過ごしたことになります。それが出たのですね。しかし少しずつ調子を取り戻し、本番では大変集中力のある充実した演奏になりました。

第一にソリストお二人が素晴らしかったこと。ピアノの犬飼さんは普段はドイツで活躍のピアニストで、浜松の生んだ素晴らしいピアニストの一人です。明るい性格と素晴らしいピアニズムを持っておられて、格好いい皇帝でした。

戸田さんはもう押しも押されもせぬ日本を代表するヴァイオリン奏者。一緒にやっていてしびれました。何がいいって?!・・それはもう一緒にやっていて本当に楽しかったです。

最初のコリオランは少し硬かったけど、みんな集中しているのが手に取るようにわかって、よかったと思います。

次回の80回定期(2016年3月6日)も指揮する予定です。オケとは「展覧会の絵」その他をやるのですが、第3部がなんと石川さゆりさんとの共演!天城越え、津軽海峡冬景色なんかをやることになっております。

       hakaru matsuoka

|

« 11月29日 第29回鳥取県民による第九米子公演終了 | トップページ | 12月20日神奈川大学管弦楽団第66回定期公演終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月29日 第29回鳥取県民による第九米子公演終了 | トップページ | 12月20日神奈川大学管弦楽団第66回定期公演終了 »