« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月13日 (火)

10月12日OB交響楽団第188回定期公演終了

松岡究です。

昨日杉並公会堂におきまして、OB響の演奏会が終了いたしました。

「運命の力」序曲においては、少しアンサンブルに問題があったものの、いい音楽会のスタートになりました。

次はシベリウスのヴァイオリン協奏曲。OB響のコンサートマスターを務めている大島茜さんがソリスト。彼女は桐朋の高校を卒業した後ロンドンに渡り勉強してきた方で、合せを重ねるたびに素晴らしいヴァイオリンになっていきました。本番は堂々とした弾きっぷりで、自分の音楽をやりきった素晴らしい演奏!アンコールはタイスの瞑想曲、これもとても自然に音楽が流れていて素晴らしい演奏でした。

後半はフランクの交響曲ニ短調。OB響と1990年に初めて呼んでいただいた時にやった思い出の曲。出だしからみんな実によく歌っており、前回のワグナー「パルジファル」もそうでしたが、完成度の高い演奏でした。こういう演奏は振っていて大変楽しいですね。アンコールはカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲。この1・2年でOB響は大変充実してきたように思います。これからもいい演奏を目指して頑張ってください。来年6月26日(ティアラこうとう)にまた客演致します。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »