« 6月8日千葉市管弦楽団第66回定期公演終了 | トップページ | パイオニアミューズコンサート2014終了(7月12日) »

2014年6月29日 (日)

6月28日神奈川大学第64回定期公演終了

松岡究です。

昨日横浜のみなとみらい大ホールにおきまして、神大オケの演奏会が終了いたしました。

お客様も雨の中、1400名以上来ていただき、成功裏に終わりました。

最初のドボルザークの「我が家」は、ほとんど演奏される機会のない曲ながら、大変生気に満ちた佳品。学生たちは生気あふれる表現でいい滑り出し。

次のモーツァルトのオーボエ協奏曲は、徳田振作さん(神大オケトレーナー)のソロ。大変美しい音で、徳田さんの美観がよく出た演奏になりました。学生もよくついて行ったと思います。もう少し余裕があればよかったけどね。

メインはドボ8。最初のチェロの歌いだし(チェロだけではありませんが)からとても丁寧によく歌っていて、それはどの楽章もその歌がよく表現できていたように思います。とにかく歌に溢れた作品ですので、そう言った意味でも今回の学生たちの表現は素晴らしかったと思います。緊張感も集中力も最後まで途切れずに、いい演奏でした。

アンコールは後期に平塚市の第九をやることからいつものように「木星」ができないので、前期に是非ということでやりました。新しく入った1年生も含めての演奏はこれからの神大オケのまとまりを必ずや良くするものになったとお思います。

   hakaru matsuoka

|

« 6月8日千葉市管弦楽団第66回定期公演終了 | トップページ | パイオニアミューズコンサート2014終了(7月12日) »

コメント

 神奈川大学管弦楽団第64回定期演奏会、お疲れ様でした。ドヴォルザークの「わが家」は初めて聴く曲でしたが、滑り出しもよく、それに続く曲への期待を膨らませてくれました。
 モーツァルトのオーボエ協奏曲は神大オケでは初演奏の挑戦でしたが、オーボエとオーケストラの掛け合いを楽しく聴けました。聴いている方は楽しいのですが、演奏する方はモーツァルトは難しいと団員から聞かされました。
 ドヴォルザークの第8番は、美しいメロディのオンパレードで、これまた聴いている方は楽章の展開を次々と楽しめるのですが、演奏している方は持続的な緊張が求められるのでしょうね。それにしても第2楽章のゆったりと流れるメロディは、ボヘミアの森を彷彿とさせ、これまで聴いた他の演奏にない美しさでした。
 アンコールの「木星」は、例年の12月の演奏の前倒しでしたが、12月には行けない人には喜んでもらえました。
 全体を通して、それぞれのパートがしっかりとまとまって音作りをしているように感じました。それぞれのパートの音の表情を生かしながら、一つの全体にまとめあげていただいた先生に心から感謝いたします。

投稿: 伊坂青司 | 2014年6月30日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月8日千葉市管弦楽団第66回定期公演終了 | トップページ | パイオニアミューズコンサート2014終了(7月12日) »