« 神奈川大管弦楽団のコンサート訂正 | トップページ | 合唱団「アレス・クラー」第6回定期公演(創立10周年記念)終了 »

2014年4月12日 (土)

中野区民交響楽団第56回定期演奏会終了

松岡究です。

本日は中野区民オケの演奏会でした。

もう30年の付き合いがあります。こうやって長く続けてこられたのも区民オケの温かい支えがあってのことで、感謝しています。

最初の齋藤秀雄編曲の「シャコンヌ」。これをあの小澤先生は徹底的に叩き込まれたということですが、ロマンティックになりすぎても音楽になりませんし、かと言ってインテンポでもちょっと・・・究極のバランス感覚が必要なんだとやっていてつくづく思いました。中野オケのみんなはそんな中一番の演奏をしてくれたと思います。

次のシューマンのピアノ協奏曲。石岡千弘さんとの共演ももう4回目かな。彼女の音楽性にとてもあっていて、2楽章なんかニコニコしながら弾いてらして素敵でした。彼女の音楽に引っ張られてオケもいい集中力。

最後の「ライン」は、本当に難しい交響曲。聴くとやるのは大違い。あの脆弱で分裂質な音楽を一種のクールさとこれもいい集中力で乗り切り、とてもいい演奏になったと思います。

これからも頑張ってやっていただきたいですね。今日の観客は985名だったそうです。おしいなあ!

    hakaru matsuoka

|

« 神奈川大管弦楽団のコンサート訂正 | トップページ | 合唱団「アレス・クラー」第6回定期公演(創立10周年記念)終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川大管弦楽団のコンサート訂正 | トップページ | 合唱団「アレス・クラー」第6回定期公演(創立10周年記念)終了 »