« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月24日 (月)

ウィキペディア(wikipedia)の件について

松岡究です。

ウィキペディア(Wikipdia)の件についてお知らせしておきたいと思います。

いまペンネームARASHIAKBという方が私の記事を書こうとしていらっしゃるのですが、私・松岡究はそれを許可しています。また次のことも許可したいと思います。

 

・私・松岡究はARASHIAKBさんに提供した資料をWikipediaに掲載することを許可します。

 

Wikipedia記事の二次利用(他サイトへの転載など)を認めます。

以上どうぞよろしくお願いたします。松岡究

        hakaru matsuoka

 

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

2月23日成城管弦楽団第19回定期公演終了

松岡究です。

本日パルテノン多摩におきまして、成城管の演奏会を指揮いたしました。

総じていい演奏会だったと思います。プロはシューベルト「ロザムンデ」序曲、ワグナー「トリスタンとイゾルテ」前奏曲と愛の死、ブラームス交響曲第4番という渋すぎるプロ。

シューベルトはシンプルな構成とシンプルなメロディとリズム。それを生き生きと演奏するのは至難の業。こういった曲に取り組むことでみんなの中に音符を大切にする気持ちがもっと醸成されるといいなあと思います。ワグナーはまだ音の粘りが足りないのですが、音楽の流れはよく捕まえていたと思います。

ブラームスはみんなが大人になった証。オケの懐の深さが少しずつ感じられるようになりました。ゆっくりでいいから成長していってほしいと思います。次回はオール成城による第九。みんな頑張りましょう!

         hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2014年2月 9日 (日)

2月9日合奏団ZERO第12回定期公演終了

松岡究です。

合奏団ZEROの定期が今日終わりました。曲目はコリオラン序曲と交響曲第1番・8番。

とてもいい演奏会になりました。ロマン派的な音を持つコリオランの悲劇性と緊張感がいいバランスで表現されて、演奏会としてはとてもいい出だし。

次の1番はオケのみんなが楽しかったといてくれたように、フレッシュな音とメリハリのついた表現で秀逸。ただコリオランの後だったので、序奏が今ひとつ。

8番は大変密度のある演奏。どの楽章もいいテンポといいイントネーションで語っていたと思います。

少しずつ良くなっているZEROオケ、これからもよろしくお願いします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »