« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月11日 (月)

日本オペレッタ協会35年の幕を下ろす

松岡究です。

昨日北とぴあでのJ・シュトラウス(フェルゼンシュタイン版)「ヴェニスの一夜」をもちまして、35年の歴史に幕をおろしました。

私は2009年からこの協会にお世話になり、ほとんど全ての公演を指揮させていただきました。延で言うと本番回数は50回ほどになるでしょうか。心から感謝申し上げます。

しかしながら財団としての財政逼迫には勝てず、今回の公演を持って幕引きとなったわけです。オペラやオペレッタは本当にお金がかかります。国やいろんな助成なしには公演は打てません。その中を35年の永きに渡ってオペレッタを公演してきました。日本初演した作品は22作品になるそうです。

寺崎裕則先生によると、これからはNPO法人としてオペレッタ協会をやっていくということです。しばしその旗揚げまでは時間がかかると思いますが、その折にはまたよろしくお願いいたします。

私は一応音楽監督・常任指揮者としての仕事は去年までで、今回は今までお世話になった感謝を込めて、寺崎先生の大親友のヴァーラディ・カタリンさんを補佐する側に回りました。公演は素晴らしく、これで幕になるのはたいへん惜しまれますが、仕方のないことです。

新・オペレッタ協会の誕生の折にはぜひまた宜しくお願い致します。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

合奏団ZERO第10回定期公演終了

松岡究です。

昨日第一生命ホールにおきまして、合奏団ZEROの演奏会を無事終えることができました。

今回も難曲ばかり、シューマンの4番とブラームスの4番。

総体的にはとても良かったのですが、小さなミスが目立ってしまい、それが厳しい耳を持ったお客様には、サウンドの濁りとして聞こえたかもしれません。普通のアマオケと違って、演奏会の3ヶ月前から約8回の合奏で作っていくオケです。もちろんプロとは違って、その練習の過程が一番重要です(やはり一人ひとりが仕事を持ちその中で音楽をしに来ているわけですから、その貴重な時間をただくたびれただけで帰すわけには行かない、充実感を感じ練習が楽しかったと感じてもらって家に帰すのだという私の信念があります~そうなっているかどうか疑問ですが)が、やはり結果も求められるのは、演奏会をやる宿命だと思います。そんな中で一人ひとりがどれだけ本番で実力を発揮できるか、練習の前に自分がどれだけ準備できるかということが大きな課題となってきます。

そう言った意味でこれからどう発展できるか、ZEROオケの課題でしょう。みんな頑張ってください!

        hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »