« 2012まるがめ第九演奏会終了 | トップページ | 謹賀新年(遅ればせながら) »

2012年12月24日 (月)

神奈川大学管弦楽団第61回定期公演終了

松岡究です。

昨日神奈川大学管弦楽団の演奏会が終了いたしました。オールチャイコフスキープログラムで、スラブマーチ、くるみ割り組曲、悲愴の3本立て。

最初のスラブマーチは最初からいいテンションで始まりました。最初からいい感じで始められるのはとても大切なこと。良い選曲でした。

2曲目のくるみ割り人形組曲。チャイコフスキーの作品の中で、これ程の難曲はありません。全てが室内楽。神大の皆はこういった曲が堂々とできるように、個人の技量を一人一人が上げていってほしいです。

最後の悲愴。皆が音楽することを心掛け、集中した結果の素晴らしい出来でした。勿論難点がないわけではありませんが、それを補って余りある音楽の運びでした。

お客様も9割以上入って、この数年間毎回1000人越えが続いておます。これは皆の努力が口コミで広まったもので、このことをみんな誇りに思い、且ついつも良い演奏のために努力していってほしいと思います。

アンコールは今年も惑星から「木星」。神大オケと言えばこの曲と言われるようになっていきたいと思っています。

       hakaru matsuoka

|

« 2012まるがめ第九演奏会終了 | トップページ | 謹賀新年(遅ればせながら) »

コメント

平田@bass(OB)です。松岡先生、昨日はありがとうございました。私自身大変勉強をさせて頂いたプロでした。私が現役として出演していた頃よりお客様の入りも格段に増え、ただただ驚くばかりです。(私の頃はせいぜい800、酷いと500〜600程度でした。) 技術レベルが年々上がっていることが、集客にも反映していますよね。これこそが松岡先生の長年に渡るご指導の賜物だと思っております。

ただ、演奏中に時折タクトを追い越してしまっていたのは残念でした。棒をお使いにならない先生の指揮だからこそ、もっと注意して先生の出されるニュアンスを拾わないといけませんね。

あまり大きなことは言えませんが、私もOBとして現役生の役に立てるように努力したいと思っております。今後ともよろしくお願い致します。


ありがとうございました。
駄文をお許し下さい。

年明けの初夢を心待ちにしております。

投稿: 平田 | 2012年12月24日 (月) 08時48分

第61回定期演奏会、お疲れ様でした。
今回のチャイコフスキー・プログラムは、最初の「スラブ行進曲」からいい出だしで、最後のアンコールまで、心地よい緊張感に浸ることができました。「くるみ割り人形」は聴いている方は楽しい曲ですが、難曲なんですね。「悲愴」は緩急のメリハリがきいていて、抒情的な部分はしっとりと、そして激情的な部分は圧倒的な迫力で、先生の表現力の豊かさに感動させられました。それにしても、先生のご指導に学生たちがよく応えて、あそこまでレヴェルを上げてくれたことに拍手を送りたいと思います。第三楽章の終わったところで拍手が起こったことは、聴衆の皆さん、最終楽章まで待ちきれなかったんでしょうね。「木星」は、堂々とした木星の周りに宇宙の星々が輝いているような音の競演で、神大オケの冬の定番として、皆さん楽しみにしてくれているようです。
大学の給費生入試と重なって心配しておりましたが、ほぼ満席の状態で嬉しいかぎりでした。開演直前には3階席までほぼ埋まったようです。これも先生への評価の高まり、そして先生のご指導に応えて力量をつけてきた学生たちへのファンの応援によるものと、嬉しく思っております。6月の定期演奏会はみなとみらいのようですが、よろしくお願いいたします。  神奈川大学管弦楽団顧問 伊坂青司 

投稿: 伊坂青司 | 2012年12月24日 (月) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012まるがめ第九演奏会終了 | トップページ | 謹賀新年(遅ればせながら) »