« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月26日 (月)

11月25日米子第九公演終了

松岡究です。

昨日米子第九公演が終了いたしました。鳥取・倉吉・米子と3年に1度回ってくる鳥取県の第九公演。私は米子では8度目の指揮でした。その8度の中では一番の出来!オケも合唱もそしてソリストも一番の出来だったと言って過言ではないでしょう。

前日の24日のGPでは、合唱が全く聞こえず、今回の文化ホールの特性を掴みきれないまま本番になるのかと危惧しておりましたが、当日の朝、米子第九公演のスタッフ・メンバー、そしてホールスタッフが山台を組み直して対処。組み直す前に20分ほど高さを変えたり場所を変えたりして、ホールの音響実験をして取り組んだそうです。それがドンピシャにはまって、前日とは全く違う音響で本番を迎えることができました。寸前まで良いものを求めるその姿勢は、高く評価されるべきでしょう。

全員が素晴らしい集中力を発揮し、全く弛緩することなく観客にメッセージを伝ええた公演でした。またソリスト(野津美和子、塩崎めぐみ、又吉秀樹、吉田章一)が素晴らしく、こんなに重唱が美しいのは初めての体験でした。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

11月20日練馬新人演奏会終了

松岡究です。

今週火曜日練馬文化センターにおきまして、新人演奏会が行われ盛会の中に終了いたしました。

今回の出演者(出演順に)

藤田槙葉 サムソンとデリラ~ とセギディーリア

蓜島亮 ウェーバー:ファゴット協奏曲

溝邊奈菜 グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲

與那嶺万里:ルブラン:オーボエ協奏曲第1番

布施奈緒子 ワグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集

江口史桜 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

今回の出演者は皆音楽を持っていて、大変質の高い演奏会でした。それぞれが自分の理想を追って、音楽家として独り立ちしていかれることを祈っています。

一人ひとりに先輩としてエールを送りたいと思います。

藤田さん:とてもいい声を持っていらっしゃるのですが、それは手段であり声で勝負するのではなくて、音楽で勝負できるように。自分の音楽を高めていってください。

蓜島君:とても情熱的な音楽で、またアンサンブルの感覚も持っていらっしゃる。もう一つ集中力をもっと高めていってください。

溝邊さん:とてもいい音楽性と情熱を持っていらっしゃいます。もっと自分を信じて、いろんな気遣いをしすぎないように。そうするともっと大きな音楽ができそうな気がします。

與那嶺さん:3楽章のカデンツは本当にごめんなさい。

楽器操作が優れていて、特に高音の2点Fは惚れ惚れしました。これからはそれを武器に、音楽のイントネーションやアゴーギクとブレスワークの関係がバランスが取れてくるといいですね。

布施さん:さすがに音楽経験が豊富な方で、音楽の持って行き方は大人でした。自分のその時のコンディションを見つめて対処できる力もありますね。これからはフレーズ感や音楽のカラーにもっと着目するようにしたらどうでしょうか。

江口さん:この中で一番若い19歳。テクニックはもう安定したものを持っていらっしゃいますし、オケをよく聴いていらっしゃるのもよくわかりました。自分の特性をよく知って、自分の信じる方向に自分を信じて進んでいってほしいと思います。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

11月17日品川区民オーケストラ創立50周年記念演奏会終了

松岡究です。

先週土曜日、品川区民オケの創立50周年記念演奏会が終了いたしました。

2度目の客演でしたが、前回(3年前)よりもずっと成長していた品管との第九(マイスタージンガーも)は、集中力のある良い演奏になりました。たとえミスっても音楽するのをやめない、集中力を切らさない。その姿勢こそ音楽をする者の姿勢だと思いますが、その姿勢が皆が一つにしていたと思います。また武蔵野合唱団の応援も素晴らしく、品川音楽協会を持ち上げ、第九の醍醐味を伝ええたと思います。またソリストたち(松尾香世子、寺谷千枝子、小貫岩夫、初鹿野剛)も素晴らしい歌唱で花を添えてくれました。

今後の品川区民オケと品川音楽協会のさらなる発展を心より祈念いたします。

      hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2012年11月 5日 (月)

瀬戸フィルハーモニー交響楽団第23回定期終了

松岡究です。

昨日サンポート高松大ホールにて、瀬戸フィル23回定期が終了いたしました。2日にユニフィルをやった後に、3日リハーサル4日本番というちょっと過酷なスケジュールでしたが、これもオケと合唱そしてソリストの素晴らしい協力の下、充実した演奏ができたと思います。

瀬戸フィルとはこれで3回目の共演で、3回とも素晴らしい反応と協力を見せていただきました。それから合唱はソリスト集団で、音楽的に高いクオリティーで歌ってくれました。これだけ質の高い演奏のできる瀬戸フィルがもっと発展し地元に愛されるよう心から願っています。

高松の皆さんは、素晴らしい楽団をお持ちですね。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

11月2日東京ユニバーサルフィル第31回定期公演終了

松岡究です。

遅くなりましたがご報告いたします。先週金曜日、大田区アプリコにてユニフィル31回定期が行われ、無事終了いたしました。オケと合唱そしてソリストの協力で「常任指揮者就任披露」を無事終えることができました。

来ていただきましたたくさんの皆様に心から感謝を申し上げます。もしよかったら感想などをお寄せ頂くと、私もユニフィルも励みになります。よろしくお願いいたします。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »