« 神奈川大学管弦楽団第60回定期公演終了 | トップページ | 一橋大学管弦楽団サマーコンサート2012終了 »

2012年7月 8日 (日)

所沢フィルハーモニー管弦楽団第33回定期公演終了

松岡究です。

本日所沢フィルの演奏会が終了いたしました。このオケは小学校への音楽教室やファミリーコンサートをやりながら、地元に根付く活動を地道にやっているオケです。そういった活動はなかなかできることではありませんが、素晴らしい活動であると思います。

年1度の定期と年末の第九公演がオケにとって大きな演奏会になるということですが、今日はその定期でした。

最初のレオノーレ第3番は演奏するのが大変難しい曲ですが、最初の出だしからとてもいい流れを作っていました。

次のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲もソロの島田玲奈さんの自由奔放なヴァイオリンにとてもよく着いていき、特に第2楽章は柔らかいニュアンスが出て素晴らしかったです。

最後の「英雄」交響曲もとてもいい演奏になりました。引き締まった中にも歌うことを忘れず、なおかつ型をしっかりと保ちながらの演奏ができたことは、このオケにとって大変重要なことだったのではないでしょうか。

しかしながら弦楽器のエキストラの多い現状は、6か月の練習を意味のあるものにはなかなかできないことにもなるとこもあるかと思います。これからも少しでも団員が増え、発展されるよう心から応援したいと思います。

          hakaru matsuoka

|

« 神奈川大学管弦楽団第60回定期公演終了 | トップページ | 一橋大学管弦楽団サマーコンサート2012終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川大学管弦楽団第60回定期公演終了 | トップページ | 一橋大学管弦楽団サマーコンサート2012終了 »