« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

5月13日アザレア音楽祭オープニングコンサート終了

松岡究です。

2週間前のコンサートですが、書こうかか書くまいか迷っているうちに時間が経ってしまいました。

オケ・合唱合わせて70名による第九でしたが、演奏としては大変いい演奏会になったと思います。40名のオケと30人の合唱(ソリスト4名兼務)での第九は引き締まった演奏になり、当日のお客様にも大変喜んでいただけたようでした。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団第66回定期演奏会終了

松岡究です。

本日、大田区民ホール「アプリコ」にて早稲フィルの演奏会を指揮いたしました。無事終了いたしました。

このオケは早稲田の学生に限らず、いろんな大学から集まってきている所謂インターカレッジ的な性格のオケです。そういう集まりであると、尚更年度の初めというのは新しい執行部になってからという理由もあって、何かとまとまりに欠けるきらいがあります。早稲フィルもご多分に洩れず、練習ではそういった面も垣間見えたのですが、今日の演奏会は、それを払拭!素晴らしい集中力でまとまったのは、指揮していて大変気持のいいものでした。

ヘンゼルとグレーテル序曲は、ワーグナーが子供のお面をかぶっているような作品で、安易に飛びつくと大火傷してしまう曲ですが、若干硬さもありましたが、良くまとまった演奏になりました。

ドビュッシーの小組曲は、これも下手をすると野暮ったいセンスのない演奏になりがちの曲ですが、彼らは自ら楽しんで、曲の持つ美しさをよく表現できていたと思います。

最後の悲愴。最初から最後まで素晴らしい集中力が途切れず、練習ではうまくいかなかった所がかなりうまくいったり、本番でしかなしえない表現というものもあって、勿論今日の白眉!今日これだけのまとまったオケになれたことは、早稲フィルにとって大変良かったことだと思っています。

また来年5月19日神奈川県立音楽堂で彼らと共演します。

        hakaru matsuoka

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »