« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月17日 (月)

取手合唱連盟創立20周年記念演奏会終了

松岡究です。

昨日取手市民会館大ホールにおきまして、取手合唱連盟創立20周年記念演奏会が開催され、大成功裡に終わりました。

第1部は親子30名による共演で、「不思議なポケット」「たき火」の2曲を輪唱を交えてオーケストラの伴奏での演奏。大変な仲睦まじい一生懸命な歌に会場も和み、いい雰囲気で演奏会が始まりました。(指導:鬼沢良子)

第2部はオーケストラとの共演で「ふるさとの春夏秋冬」(吉岡弘行編曲)を表現豊かにかつ壮大に日本の四季を描きました。指揮していて250名の熱気についたじろいでしまうほどの集中力には大変感動しました。(合唱指揮:山田茂)

そして最後は「カルメン」ハイライト。カルメン:磯地美樹、ホセ:志田雄啓、ミカエラ:岸七美子、エスカミーリオ:折河宏治 演出:飯坂純

合唱連盟として「カルメン」をやるということに疑問を抱く人もいるかもしれませんが、昨日のコーラスの素晴らしさは実に立派なものでした。4人のソリストと楽しそうに伍して演技し歌うさまは指揮していても楽しいものでした。(合唱指揮:竹内雅挙)

今後の取手合唱連盟のさらなる発展を心よりお祈りいたします。

         hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2011年10月14日 (金)

2012年1月4日 東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサートご案内

松岡究です。

来年2012年1月4日に毎年恒例のユニフィル「初夢」コンサートで指揮いたします。今回はマリンバの日本の草分け的存在の水野与旨久さんとの共演、そして第1部は語りと歌に松尾香世子に出演してもらい、グリーグの「ペール・ギュント」(第1・2組曲)を音楽物語として上演いたします。

ペール・ギュントは有名な割にはその物語はほとんど知られていないのが一般的ですが、小さなお子様にも必ず喜んでいただけるような内容の物語です。いつもは演奏だけの組曲も語りと歌(ソルヴェイグの歌)が入ると全く違った世界を感じていただけるものと思っています。

第2部は知る人ぞ知るマリンバの水野与旨久さんのオンステージ。私はこの共演をとても楽しみにしています。このお歳まで(失礼!)現役でやってこられたその存在感を、そして音楽とはこんなに面白いもの、素敵なものなんだということを感じていただけるのではないかと思います。

2012年1月4日午後3時開演 大田区民ホール「アプリコ」

第1部 音楽物語グリーグ「ペール・ギュント」

第2部 マリンバは謳う

「サウンド・オブ・ミュージック」「マルセリーノの歌」「グラナダ」「黒いオルフェ」「ロンドンデリーの歌」「マラゲーニャ」他

チケット SS指定席5000円(ペア9000円) S指定席4000円 A自由席3000円(前売り2500円)

チケットの受け付けは m-qchan@infoseek.jp

で受け付けます。どうぞたくさんの方に来ていただけますように。よろしくお願いいたします。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »