« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月21日 (木)

原発

松岡究です。

17日の東京楽友協会交響楽団の演奏にたくさんの方が感動のメールを下さり、大変ありがたく思っております。今後もよろしくお願いいたします。

さて、今日は下記に示しますYou Tubeの動画をぜひご覧いただきたいのです。

http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8&feature=related

北野幸伯さんのメルマガで紹介されたこの動画で話されている稲恭宏東大医学博士(

東京大学 大学院 医学系研究科 病因・病理学/免疫学専攻 博士課

程修了 

東京大学より博士(医学)号授与

1998年~2001年東京大学医科学研究所 客員研究員

2002年~2004年電力中央研究所低線量放射線研究センターにおい

ても医学研究指導

東京大学医学博士で病因・病理学、免疫学者

学士会終身会員>)

の話されていることが、本当だとすれば福島の方々には大変朗報であり、我々も考えを改めるべきかなと思いました。まずはご覧になってください。

報道なんかでは放射線と放射性物質の混同が見られますが、要は放射性物質から放射される放射線量が問題なのですよね。それが稲教授によると低放射線だとかえって健康に良いということです。

私は長崎生まれです。13歳まで暮らしていました。原爆が落とされて、多分ですが放射性物質はかなり残っていたはずですよね。広島にしろ長崎にしろあの後すぐに住み始めた人がいるわけです。それが今は何ともない人が大多数(がん発生率が他の道府県と同じという前提)だということであるならば、稲教授の言うことを信じたいと思います。

政府はこの説を採用するわけにはいかないのでしょうか?また1960年代に頻発していた核実験により、世界中今よりも大量の放射線が降っていたということですよね。

放射線は一度に短時間に大量に浴びるとまさしく有害だが、長時間にわたって、低い線量だと却ってよいということですね。そう、思い出しました。例えば鳥取県にある三朝温泉はラドン温泉として有名です。ここに暮らす人はがんの発生率が全国でもかなり低く、それは温泉から出ている放射線が影響しているのだとされています。それがこの温泉の売りになっているんですね。本当にいいお湯です。岡山大学がここに研究所を開設して調べています。こういった施設が放射線に関してのデータを発表してこういったことをもっと知らしめるべきなのではないかと思っています。

                            hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

東京楽友協会交響楽団第90回記念定期公演(50周年記念)終了

松岡究です。

本日楽友協会オケの演奏会が終了いたしました。バッハ=シェーンベルクのプレリュードとフーガ、それにマーラーの9番というプログラム。

楽友協会オケは、素晴らしい集中力と真摯に音楽に取り組むマインドが素晴らしく、この2つの難曲で素晴らしい演奏を繰り広げてくれました。

バッハでは演奏に風格と気品が備わり且つ、絢爛豪華にシェーンベルクの編曲の妙を伝えてくれました。またマーラーでは、この複雑極まりない作品を腰を据えてじっくり取り組み、どの楽章もその作品の中身をよく伝えてくれました。今日の演奏は作品の本質を的確に捉え、見事に提示して見せた素晴らしい演奏でした。

会場では今回の震災のための義援金のチャリティーが行われました。

       hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年4月 8日 (金)

雑感

松岡究です。

今年の秋の演奏会の計画や学校周りが中止になった旨お知らせいたしましたが、本当はこういう時こそ、被災地を回って演奏会ができないものかと考えてしまいます。指揮者とは自分では何もできない存在なんだとつくづく思い知らされます。音を自分では出さない唯一の音楽家、そこにはやはり音を出す(演奏する)仲間がいて初めて指揮者の存在意義があるのですよね。改めて皆に感謝の念を抱く毎日です。

原発の問題はどうやらスリーマイル島の事故以上の評価6になるそうですね。スリーマイル島の時は避難は1週間ほどであったそうですし、対応が極めて速く、事故後の作業はかなりスムーズだったそうです。こうやって避難ももう1カ月。原発は何事もなければこんなにもクリーンで環境にやさしいものなのに、いったん問題が生じるとここまで影響を及ぼしてしまう。やはり考えの甘さがあった、慢心であったということなんでしょうか。東電の方が涙ながらに会見をしている画面をみると、やるせなさを感じるとともに、一体責任はどこに?と思ってしまいます。

原発を非難することは簡単です。非難で終わっては仕方がないです。これからどうしていくか、我々は前向きにいろんなことを考えていくべきだと思います。

| | コメント (0)

9月から12月までのスケジュールです

松岡究です。

先ほど大きな余震がありました。大きな余震の繰る確率の高いのは40数日目だということを最近、ある人から教えてもらいましたが、その余震だったのでしょうか?

私にとって今夏の地震での影響は秋からに集中しています。2月に芸大生とユニフィルでやった初夢コンサートをそのまま、いわき・相馬・南相馬・新地に持っていくという計画が秋にあったのですが、無期延期となりました。

また民主党の仕分けにより、今年の学校周り(文化庁による)がことごとく中止となり、ユニフィルと日本オペレッタ協会の公演は全くなくなってしまいました。私に限らずユニフィルのメンバーやオペレッタ協会のメンバーは一同がっかり。皆学校公演の意義を理解し、張り切っていた矢先に何とも言えない中止の連絡。

来年からはまた是非に復活してもらいたいものです。

ということで9月からは全く暇になってしまいました。

9月24日

いずみチェンバーオーケストラ演奏会  杉並公会堂 午後2時開演

曲目 ブラームス:交響曲第3番

           交響曲第4番

10月16日取手市合唱団合同公演 取手市民会館 午後2時開演

曲目 ビゼー:カルメン~抜粋

日本の春夏秋冬

管弦楽:東京ユニバーサルフィル

11月17日 練馬区新人演奏会 練馬文化センター小ホール 午後6時半開演

今回はホルン、テューバ、それにピアノが2人です。

曲目:ゲディケ:ホルン協奏曲

サン・サーンス:ピアノ協奏曲第2番

ケチャー:チューバ協奏曲

ショパン:ピアノ協奏曲第1番

管弦楽:東京ユニバーサルフィル

12月4日 浜松交響楽団第71回定期公演 午後2時半開演 浜松アクトシティー大ホール  「リストとマーラー150年」

曲目 リスト:交響詩「前奏曲」

    リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調

    マーラー:交響曲第4番「大いなる喜びへの賛歌」

    ソプラノ:松尾香世子

12月11日 NTTフィルハーモニー管弦楽団第30回定期公演 午後2時開演 サントリーホール

曲目 サン・サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 

    ベルリオーズ:幻想交響曲

12月18日瀬戸フィル 丸亀第九公演

曲目  ベートーヴェン:交響曲第9番他

12月25日神奈川大学管弦楽団第58回定期公演 午後2時開演 鎌倉芸術館

曲目 サン・サーンス:「サムソンとデリラ」~バッカナール

    グノー:「ファウスト」~バレー音楽

    ドヴォルザーク:交響曲第7番

       hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

中野区民交響楽団第50回記念定期公演(30周年記念)

松岡究です。

本日中野ZEROホールにおきまして、中野区民オケの記念公演が終了いたしました。演奏に先立って3・11の大震災で亡くなられた方にささげる意味で、バッハのG線上のアリアを演奏いたしました。

考えてみれば、デビュー前からずっとの付き合いで、27年になります。今日のチャイコフスキーの5番は中野オケとは3回目。ダッタン人も2回目です。デビュー前は若かったこと、振るオケが中野オケしかなかったもあって、練習後毎回ロイヤルホストで深夜11時12時まで中野オケの今後を話し合っていたのは懐かしい思い出です。つまり私にとって全てでした。

今日の演奏は本当にみんなよく頑張ってくれて、情熱的でありながら懐の深い音楽的な演奏でした。勿論第3楽章での破たんはあったのですが、そんなことは全く気にならないくらいに皆が音楽的でした。

協奏曲は石岡千弘さんに弾いてもらいましたが、彼女の音の粒立ちが特に2・3楽章で素晴らしく、非凡な才能を窺い知ることができました。今度は7月18日成城管弦楽団の演奏会でラフマニノフの2番を共演します。ティアラ江東にて2時開演です。またぜひお越しください。

中野区民交響楽団の今後の発展を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »