« 音楽家として・・・ | トップページ | 中野区民交響楽団第50回記念定期公演(30周年記念) »

2011年3月28日 (月)

3月27日岡山ジュニアオーケストラ第13回スプリングコンサート終了

松岡究です。

昨日岡山シンフォニーホールにおきまして、岡山ジュニアオケの演奏会が終了いたしました。ジュニアオケを振るのは初めてのことですが、教育ということを少し意識するほかは、大人のオケを指揮するのと何ら変わりなく音楽することができました。

子供たちは皆いい子ですが、リアクションが少ないのちょっとやりにくいと感じることもままにありましたが、一言言うと、返ってくる音が変化し音色がどんどん良くなっていくのが手に取るように分かります。とてもいい感じで練習ができました。勿論本番もうまくいきました。

プログラムはグリーグの「ペール・ギュント」第1・2組曲を物語順に配し、語りをソプラノの岡崎順子さんにやっていただきました。想像していたのとぴったりの語り口で、約50分間聴衆のみなさんを音楽物語の世界へ誘っていただきました。後半はドボルザークの交響曲第8番。子供の演奏とは思えないくらい充実し且つさわやかな演奏でした。

最後にオケのみんなから寄せ書きで綴られた色紙の冊子をいただきました。うれしかったです。どうもありがとう!

      hakaru matsuoka

|

« 音楽家として・・・ | トップページ | 中野区民交響楽団第50回記念定期公演(30周年記念) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽家として・・・ | トップページ | 中野区民交響楽団第50回記念定期公演(30周年記念) »