« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月18日 (金)

2011年4月からのスケジュール

松岡究です。

4月から8月までのスケジュールをお知らせいたします。

4月3日中野区民交響楽団定期  中野ゼロホール午後2時開演

ボロディン:「イーゴリ公」~ダッタン人の踊り

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ソロ:石岡千弘

チャイコフスキー:交響曲第5番

4月17日 東京楽友協会交響楽団第90回定期 墨田トリフォニーホール 午後1時半開演

バッハ~シェーンベンルク:前奏曲とフーガ変ホ長調

マーラー:交響曲第9番

5月8日アザレア音楽祭オープニングコンサート 倉吉未来中心大ホール 午後2時開演

ローッシーニ:「セヴィリアの理髪師」序曲

モーツアルト:ホルン協奏曲第2番

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番

シューベルト:交響曲第7番「未完成」

5月22日 早稲田大学フィルハーモニー管弦楽団定期 目黒パーシモンホール

エロール:「ザンパ」序曲

メンデルスゾーン:真夏の夜の夢~抜粋

リムスキー・コルサコフ:シエラザード

6月19日合奏団ZERO定期 中野ZERO大ホール 午後2時開演

モーツァルト:「魔笛」序曲

モーツァルト:コンサートアリア「ああ、恵み深い星よ、もし天にあって」Kv.538

モーツァルト:「コシ・ファン・トゥッテ」序曲

モーツァルト:コンサートアリア「いいえ、あなたにはできません」Kv.419 ソロ:松尾香世子

シューベルト:交響曲第8番「ザ・グレート」

6月26日 神奈川大学管弦楽団定期 鎌倉芸術館 午後2時開演

シベリウス:フィンランディア

チャイコフスキー:白鳥の湖~抜粋

ブラームス:交響曲第2番

7月2日合唱団アレス・クラー演奏会 白寿ホール 午後2時半開演

ブルックナー:4つの宗教曲

プーランク:悔悟の4つのモテット

ブラームス:ジプシーの歌(ロマの歌)  ピアノ:加藤恵実子

鈴木憲夫:永訣の朝   他

7月18日成城管弦楽団定期 ティアラ江東 午後2時開演

チャイコフスキー:ポロネーズ~エフゲニー・オネーギン

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ソロ:石岡千弘

ブラームス:交響曲第2番

7月23日合唱団ハルモニー・ムジーク演奏会 セシオン杉並 午後2時開演

フォーレ:アベ・マリア他

フォーレ:ラシーヌ賛歌

高田三郎:心の四季 他  ピアノ:北矢由美

このコンサートは残念ながら中止になりました。

8月20日ユニフィル「たのしっくコンサート」 大田区民ホール(新丸子駅)

ベートーヴェン:運命第1楽章他

8月28日長岡京管弦楽団定期 長岡京市民会館 午後2時開演

J・シュトラウス:皇帝円舞曲

J・シュトラウス:アンネン・ポルカ

マーラー:交響曲第5番

皆様のお越しをお待ちしております。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

OB交響楽団第176回的演奏会終了

松岡究です。

本日OB交響楽団の定期公演が終了いたしました。このオケは昭和12年創設のアマチュアオケの草分け的存在です。遠くは岩城宏之さんや小林研一郎先生も指揮しておられる由緒のあるオケです。

木曜日の夜が練習日なので、なかなか団員の集まりに苦労しているようですが、底力のあるオケでもう20年の付き合いになります。

今日は「カレリア」、「ペールギュント1&2」、そして「小ロシア」という長いプログラム。総じて大変いいコンサートになりました。皆楽しそうに音楽していましたし、オケも実によく鳴っていました。週に2時間弱の練習で毎回一定のクオリティーを出していくというところにこのオケの歴史の重みがあると思います。もう少し団員が増えて、ますます発展していくことを願っています。

PS. 来年の2月12日にまた一緒にやることが決まっています。

         hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

第11回東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサート終了

松岡究です。

本日ユニフィルの「初夢」コンサートが終了いたしました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

日本オペレッタ協会 レハール「ルクセンブルク伯爵」終了

松岡究です。

2月5・6日、北とぴあつつじホールにおきまして、日本オペレッタ協会のレハール作曲「ルクセンブルク伯爵」の公演が終了いたしました。ご来場いただきました方々には心よりお礼申し上げます。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »