« 雪 | トップページ | 日本オペレッタ協会 レハール「ルクセンブルク伯爵」終了 »

2011年1月31日 (月)

成城管弦楽団第14回定期公演終了

松岡究です。

昨日久々の成城学園50周年記念講堂で成城管弦楽団の演奏会を無事終了することができました。

今回は古典派交響曲への挑戦で、ハイドンの時計とベートーヴェンの1番というプログラムでした。総じて大変いい演奏会でした。

ハイドンの交響曲は仕掛けや試みあるいは洒落といったものが随所にあり、それを見つけていく作業がオケのみんなには楽しかったようです。演奏はやはり最初が硬いというか緊張しているのが手に取るように分かります。その分その仕掛けを演奏としてつまびらかにするには少々集中力を欠いた感じでしたが、3楽章以後はやっとエンジンがかかり、その第3楽章は素晴らしいメヌエットになりました。

ベートーヴェンは最初のステージが終わってやっとリラックスできたのか、第1楽章から好調。皆が楽しみながらやっているのがよくわかり、表情が生き生きとして「ヤングベートーヴェン」をよく表現していたと思います。1番や2番の交響曲は3・5・7・9番のような演奏スタイルでは決してその良さは表現できません。しかしその点をみんなよく理解して演奏出来ていたように思います。

今回のようなプログラムはなかなかできるものではありません。それに果敢に挑戦し成果を上げた彼ら・彼女らの今後の発展をどうぞご期待いただきたいと思います。

      hakaru matsuoka

|

« 雪 | トップページ | 日本オペレッタ協会 レハール「ルクセンブルク伯爵」終了 »

コメント

成城管弦楽団中村です。初めてのコメントさせていただきます。大変お忙しいスケジュールの中、早速のブログ掲載、ありがとうございます!
久々の五十周、お客様もいつもより(若干)多めでした!
定期的に成城で演奏会ができるようになれば・・・と話していました。
先生のご指導を楽しみに、7月に向けてまた頑張ろうと思います。ありがとうございました!

投稿: yuko | 2011年1月31日 (月) 21時25分

成城管弦楽団打楽器(ハイドン担当しました)の吉田と申します。

今回、松岡先生のブログを初めて拝見させていただきました。演奏会が終わってすぐに掲載してくださったようで、非常に嬉しく思っております。ありがとうございます。

私自身、古典曲にかなり苦手意識がありましたが、松岡先生にご指導いただいたことで、どのような点に注意し、どのように表現していけばよいかがわかり、楽しんで演奏することができました。

教えていただいたことをしっかり演奏に反映できたのかどうか、心もとない気がいたしますが、今回の演奏会で学んだことを次に生かせるよう尽力したいと思います。

本当にありがとうございました。
次回の演奏会も、よろしくお願いいたします。

投稿: 吉田綾乃 | 2011年2月 1日 (火) 00時08分

先生ありがとうございました!クラリネット村上です。
今回の演奏会は本当に楽しかったです。古典音楽ってこういうものなのだって思い知らされたと言いますか、全く新しいモノとの出会いでした!まだまだ未熟ですし発見は無限だと思いますので…それは3回に1回やる予定の(笑)次の古典プログラムでさらに深めていきたいです。
次回もご指導何卒よろしくお願いします。合奏までに頑張って準備体操しておきます!

投稿: 村上亜希 | 2011年2月 2日 (水) 14時14分

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 松岡先生、よい公演の機会をいただきまことに感謝しております。ありがとうございました。成城管弦楽団:松橋です。 
 確かに十周年記念公演までは期間があり、この間を使った効果のある、また勉強になるコンサートでした。

 ちょうど、時を同じくしてサッカー・アジアカップでも陽気なザッケローニ監督の手腕が輝き、劇的な勝ち上がりが進み日本代表の優勝となったわけですが、指導者によって団体の出来が決まるのは音楽も同じことではないでしょうか。次回のブラームスの二番、ラフマニノフのPコン二番、オネーギン:ポロネーズに向けて、よいアップになったと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆  
 次回は、燃えに燃えて、いい意味で、「まったく成城らしくない」爆演になって欲しい、否、したいものだと、情念を伴った期待に胸膨らませるのであります。 
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
 これをご覧の他の楽団の皆様、ぜひ松岡先生指揮:成城管弦楽団の公演におでかけください。

投稿: 松橋 | 2011年2月 2日 (水) 22時22分

成城管弦楽団ホルンの田中です。
今回はベートーヴェンに参加させていただきました。とても楽しく、いい演奏会になり、先生には感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました。
古典音楽の難しさ・素晴らしさに触れることができ、大変勉強になりました。今後もまた古典プログラムに挑戦していき、楽しい世界を発見していきたいと思います。
次回の演奏会もご指導よろしくお願いいたします。

投稿: 田中千秋 | 2011年2月 3日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪 | トップページ | 日本オペレッタ協会 レハール「ルクセンブルク伯爵」終了 »