« 鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 日本オペレッタ協会「オペレッタガラ」終了 »

2010年9月27日 (月)

合奏団ZERO演奏会終了

松岡究です。昨日合奏団ZERO定期公演が終了いたしました。

ドン・ジョバンニ、プラハ、ベト7というプログラムでしたが、とてもいい演奏をしてくれたと思います。モーツアルトは特にプラハでの第2楽章にこのオケの進歩が見て取れたように思います。第1・3楽章は特にもう少しヴァイオリンの全体的な精度に磨きがかかるともっと良くなるように思いました。管楽器はメンバーがこのところ安定してきていることもあって、良い響きになって来ました。弦にその安定感がもっと生まれることを期待したいと思います。

ベト7は良い演奏になりました。この曲の持つ歌謡性やリズムの妙がよく出ていました。願わくばリズムの重量感と軽快感の対比が明瞭に出てくるともっと良かったかもしれません。第1楽章のリズムも楽器間での微妙な差がもっと合ってくるということないんですけどね。

次回はフィガロの序曲、ハフナー、スコットランドというプログラムです。どうぞご期待ください。

      hakaru matsuoka

|

« 鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 日本オペレッタ協会「オペレッタガラ」終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 日本オペレッタ協会「オペレッタガラ」終了 »