« 湘南平塚第19回第九のつどい終了 | トップページ | 1月10日東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサートのお知らせ »

2009年12月27日 (日)

早稲田フィルハーモニー管弦楽団第61回定期公演(創立30周年記念)終了

松岡究です。本日早稲フィルの演奏会が終了いたしました。墨田トリフォニーホールでの公演はたくさんのお客様に来ていただき、盛況・成功裏に終わりました。ありがとうございました。

今年2度続けての登板となりましたが、学生たちは素晴らしい集中力と若さみなぎる演奏を披露してくれました。特にサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付」では繊細さとパワーを兼ね備えた演奏となり、この曲の持つ良さを存分に示しえたと思います。またハイドンの「時計」では、古典を学生がやることの難しさはありましたが、落ち着いて表現していたのが大変印象に残りました。

また来年客演いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

    hakaru matsuoka

|

« 湘南平塚第19回第九のつどい終了 | トップページ | 1月10日東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサートのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湘南平塚第19回第九のつどい終了 | トップページ | 1月10日東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサートのお知らせ »