« 皆様に切実なるお願い | トップページ | 浜松交響楽団第67回定期終了 »

2009年12月15日 (火)

津山第九公演終了

松岡究です。

忙しくて大変遅くなりましたが、第27回津山第九公演が先週の日曜日(12月6日)終了いたしました。

今回5回目(5年連続)の津山での公演、大変素晴らしい公演になりました。昨年の第九で一皮剥けた素晴らしい演奏をしましたが、今回はそれにもう一回り深さが加わってきました。

オーケストラは、今回から津山交響楽団でした。第九を演奏するのが初めてという人が10数名おられたそうですが、本番では素晴らしい集中力で演奏しておられました。このオケは基本的に大変優秀な奏者がそれぞれのポジションにいることが強みです。地元のオーケストラが演奏することは、寄せ集めの昨年までより一層意義深いことで、この楽団のより一層の発展を記念しております。

合唱が色々な助っ人がいたにもかかわらず素晴らしい出来でした。「わっしょいわっしょい」の第九から音楽的な第九へ一歩も二歩も踏み出しました。来年が楽しみです。

     hakaru matsuoka

|

« 皆様に切実なるお願い | トップページ | 浜松交響楽団第67回定期終了 »

コメント

津山交響楽団に参加していた一人です。松岡先生、大変勉強させていただいて 有難うございました。
本番の集中力をお褒め頂いて嬉しく思っております
。先生の眼力に圧されて集中せざるを得なかったような気がします。来年も指揮していただけるようで、ぜひ参加できたらと思っております。今年もベートーヴェンもさることながら 先生の指揮でマイスタージンガーが急にワーグナーっぽくなった時にはビックリしました、そのエネルギーには脱帽させて頂きました。来年あたり怒りの日で灰になってみたいですが いかがでしょう(笑)ともあれご活躍をお祈りしてます。

投稿: パウケン | 2009年12月19日 (土) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆様に切実なるお願い | トップページ | 浜松交響楽団第67回定期終了 »