« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

1月10日東京ユニバーサルフィル「初夢」コンサートのお知らせ

松岡究です。

来年1月10日午後1時半開演(12時半開場)。大田区民ホール「アプリコ」に於きましてユニフィルと「初夢」コンサートをやります。

曲目は前半がJ・シュトラウスで、「春の声」、ポルカ「観光列車」、「アンネン・ポルカ」、ワルツ「酒・女・歌」、ポルカ「雷鳴と電光」、ワルツ「美しき青きドナウ」

後半は私がデビューたころ取り組んだミュージカル「レ・ミゼラブル」のエポニーヌで衝撃的な話題をさらった島田歌穂さんとミュージカルナンバーをやります。(ちなみに私はレ・ミゼラブルを709回指揮いたしました。)

最初はオーケストラで「ウェストサイド物語」、島田さんと「サウンド オブ ミュージック」、オケで「マイ フェア レディー」、最後は島田さんと「オペラ座の怪人」「オズの魔法使い」「レ・ミゼラブル」からそれぞれ1曲を歌って頂きます。

私と島田さんのおしゃべりも入れていきながら、楽しいコンサートにしたいと思っています。

どうぞ是非聴きにいらしてください。

チケット 指定 4000円 自由 2500円(当日3000円)

チケットのお申し込みは m-qchan@infoseek.jp にて承ります。

                 hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

早稲田フィルハーモニー管弦楽団第61回定期公演(創立30周年記念)終了

松岡究です。本日早稲フィルの演奏会が終了いたしました。墨田トリフォニーホールでの公演はたくさんのお客様に来ていただき、盛況・成功裏に終わりました。ありがとうございました。

今年2度続けての登板となりましたが、学生たちは素晴らしい集中力と若さみなぎる演奏を披露してくれました。特にサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付」では繊細さとパワーを兼ね備えた演奏となり、この曲の持つ良さを存分に示しえたと思います。またハイドンの「時計」では、古典を学生がやることの難しさはありましたが、落ち着いて表現していたのが大変印象に残りました。

また来年客演いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

湘南平塚第19回第九のつどい終了

松岡究です。

昨日(日曜日)平塚での第九が終了いたしました。管弦楽は神奈川大学管弦楽団、合唱は平塚市民の皆さんと東海大学の皆さん総勢270名。

今回で3回目のお付き合いになりました。オーケストラも合唱団も今までの第九より完成度の高い第九でした。先ず合唱団は、総勢270名と言う大所帯にもかかわらず、実に豊かなニュアンスを歌い上げていました。東海大の学生の張りのある若々しい声と平塚市民の皆さんの老若男女入り混じった老練な合唱が一体となって、奥行きのある合唱になっていました。

オーケストラは日ごとに集中力を高め、本番ではその集中力は途切れることはなく、大人の演奏をしていたように思います。こういった長い曲を学生でやると、どこかで破綻が起きたり事故が多発したりするものですが、今回の神大オケは高い集中力を切らさず立派でした。

   hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

浜松交響楽団第67回定期終了

松岡究です。

立て続けの投稿になりました。

一昨日浜松交響楽団の公演が終了いたしました。曲目はウェーバーの「魔弾の射手」序曲、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(菊池洋子さんの独奏)、ブラームスの交響曲第2番といったプログラム。

アマチュアながら財団法人というこのオケは、地域に根ざした活動を活発にしている大変優秀なオケです。浜松青年会議所と言う裏方がバックできちっと活動し、またサポーターズクラブなるものもあり、プロオケもうらやむような環境にあります。

このオケを振っていていつも思うのは、アマチュアの中では音楽の理解力・集中力がとても高いと言うことです。今回も本番では大変素晴らしい集中力を発揮してくれました。

演奏はウェーバーから快調な出だしで、菊池洋子さんを迎えた4番の協奏曲は、彼女の音楽性に触発されながら、とても楽しい時間でした。特に第2楽章の演奏は白眉で、彼女の高い音楽性をよく表していたように思います。

ブラームスの第2交響曲は演奏する側としては他の3つの交響曲より一番難しい曲です。ブラームスの普段着のリラックスした佇まいを表現することは至難の技です。耳に心地よくメロディーも綺麗なので、アマチュアの人たちはすぐに飛びついてしまうのですが、これほど神経を使い集中力を要求される曲もありません。しかし浜響はこの息の長いフレーズを良く歌い上げ、陰影のある演奏をしてくれました。

来年は7月11日に今年の浜松国際ピアノコンクールの優勝者とショパンの1番とベートーヴェンの交響曲第2番を、12月12日にショスタコーヴィッチの5番をやることになっています。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

津山第九公演終了

松岡究です。

忙しくて大変遅くなりましたが、第27回津山第九公演が先週の日曜日(12月6日)終了いたしました。

今回5回目(5年連続)の津山での公演、大変素晴らしい公演になりました。昨年の第九で一皮剥けた素晴らしい演奏をしましたが、今回はそれにもう一回り深さが加わってきました。

オーケストラは、今回から津山交響楽団でした。第九を演奏するのが初めてという人が10数名おられたそうですが、本番では素晴らしい集中力で演奏しておられました。このオケは基本的に大変優秀な奏者がそれぞれのポジションにいることが強みです。地元のオーケストラが演奏することは、寄せ集めの昨年までより一層意義深いことで、この楽団のより一層の発展を記念しております。

合唱が色々な助っ人がいたにもかかわらず素晴らしい出来でした。「わっしょいわっしょい」の第九から音楽的な第九へ一歩も二歩も踏み出しました。来年が楽しみです。

     hakaru matsuoka

| | コメント (1)

皆様に切実なるお願い

松岡究です。

本日は皆様にお願いがあって書かせて頂きます。皆様のご存知の通り、民主党による仕分け作業で、芸術関係の予算が大幅に減額、あるいは廃止されようとしています。

以下私のところに関係者諸氏から届いたメールです。もし賛同していただく方がおられましたら、メールのご協力お願いいたします。期限は今日までですのでよろしくお願いいたします。

事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、とされたことには強い危機感を持っております。
 『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いてワークショップを行い、生徒の参加を含めて体験させるという、大変意義深い事業です。
 天下りによって私たちの税金が巨額の報酬や退職金になっている事業ならともかく子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。

 文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が「12月15日」となっておりますので、ぜひ期限内にお願いいたします。その際、下記の要領でお願いいたします。
送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
担当官:中川正春・後藤斎
 
●事業番号「4」事業名「文化関係1-独立行政法人日本芸術文化振興会」


*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。
「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。


●事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。


「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
 
・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。


どうぞよろしくお願いいたします。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »