« 10月3・4日鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 「シューベルトの青春」の学校公演終了 »

2009年10月11日 (日)

日本オペレッタ協会「シューベルトの青春」東京本公演終了

松岡究です。昨日今日と日本オペレッタ協会の公演が終わりました。9月の終わりから名古屋地区を廻り、東京に帰ってきてからの公演は大変音楽的・演劇的密度の濃い公演になりました。今日なんかシューベルトとフォーグルの最後の芝居から「an die Musik」に至るところでは、涙が出てきました。こういった公演が出来たことに感謝いたします。

今年から日本オペレッタ協会の音楽監督と指揮者にならせて頂き、初めての本格的な公演でしたが、これほど日本語をはっきり歌い演じると言うことが可能なのだと言うことを目の当たりにしたことは、私にとって全く良い意味でカルチャーショックでした。

来週の19日から11月2日まで9回に亘り、岐阜や静岡・横浜方面でこの作品を公演いたします。ご期待ください。

来年の2月19・20・21日に北トピアのつつじホールで、カールマンの「チャールダーシュの女王」を指揮いたします。またお出でいただければ幸いです。

   hakaru matsuoka

|

« 10月3・4日鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 「シューベルトの青春」の学校公演終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月3・4日鳥取オペラ協会「フィガロの結婚」終了 | トップページ | 「シューベルトの青春」の学校公演終了 »