« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月29日 (月)

所沢フィルハーモニー管弦楽団第30回定期公演終了

松岡究です。昨日所沢フィルの演奏会が終了いたしました。今回初めての客演でした。

結果は大変いい演奏会になりました。最初の大学祝典序曲から大変いい集中力で演奏でき、いいスタートが切れたように思います。この曲はずっと好きではなかったのですが、今回の演奏会で指揮して好きになれました。彼らの反応がとても良かったからだと思います。

2曲目のペールギュントの抜粋は、1曲目の流れと特に2曲目の「オーゼの死」が名演でした。それに「山の魔王の宮殿」も素晴らしく盛り上がり、快調に前半を終えることが出来ました。

最後はブラームスの交響曲第1番。2楽章で流れをもう一つ作れなかった以外は、素晴らしい出来。弦楽器の半分がエキストラというハンデがこの第2楽章に出てしまった感がありました(しかしエキストラの方は短い練習でよく応えてくれました)。残念でしたが、今後の課題でしょうか?

基本的にこのオケは良く弾けて吹けるオケです。ですが何となく活動が悠長に感じてしまうのはどうしたわけでしょうか?大きな可能性を秘めていると思うのですが・・・・

  hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

NTTフィルハーモニー管弦楽団第25回定期終了しました

松岡究です。昨日NTTフィルの演奏会が終了いたしました。

曲目はブリテンの青少年のための管弦楽入門とブルックナーの交響曲第7番。オーケストラにとっては難曲中の難曲。しかし最近のNTTフィルは明らかに変わってきました。音楽に対する積極性が生まれ、積極的に表現しようとする意欲が顕著になってきました。そういう姿勢に貫かれた演奏が悪いはずも無く、昨日の演奏は(元N響コントラバス奏者の建部さんがトレーナーを兼ねて乗っていただいていましたが、「出色の出来」言われていたように)素晴らしいものでした。

ブリテンの曲はテーマはともかく、変奏曲になると無調と調性の間を縫うような感じの曲になり、技術的にも難易度の高い曲になりますが、各奏者が生き生きと演奏し、最後のフーガも壮大なフーガになりました。

次のブルックナーはもっと素晴らしく、演奏によってはモノトーンの無骨な演奏になってしまいがちな曲を、しなやかに雄弁に演奏してくれました。振っている私も楽しくこういった演奏が出来る喜びを味わいながらしきできました。(勿論100%満足しているわけではありません。100%の満足はその先の進歩をなくしてしまうものであるからです)

皆さんの忌憚の無いご意見をお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

神奈川大学管弦楽団第55回定期公演終了

松岡究です。神奈川大オケの演奏会が終了いたしました。

先週の成城、5月の早稲田、そしてこの神奈川と3大学のオケを指揮しましたが、学生オケは毎年卒業する学生があり、そして入学する学生がいるわけで、4年で1サイクルともいえるのですが、毎年新しいオケができるといっても過言ではないでしょう。だからこそ、伝統というもの、先輩から後輩へ受け継がれていくべきものが素晴らしければ素晴らしいほど、そのオケはある一定のレベルを保てるようになります。毎年新しい役員がおり、楽員の4分の1が入れ替わる。ちょっとした出来不出来はあるものの、そうした伝統を築き、受け継ぎ、また新しいものを吹き込んでいく、ということは大変重要なことだとひしひしと感じます。

神奈川大も私が13・4年前に関わったころは何も伝統を引き継いでおらず、ちょっとどうしたものかといった状況でしたが、最近はいい感じで伝統というものが築かれ始め、また受け継がれていっているようです。

今回のプロは難曲揃いのプログラムでしたが、彼らは果敢に挑戦しよくやってくれたと思います。次回は平塚での第九ですが、きっと満足の行く結果をもたらしてくれるものと思っています。

また来年の2回の定期公演は2度ともみなとみらいのホールで開催されます。これも大変楽しみです。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

成城大学レストロ・アルモニコ管弦楽団メイフラワーコンサート終了

松岡究です。昨日レストロ・アルモニコ管弦楽団のコンサートを2年半ぶりに指揮いたしました。今までは12月の定期公演を10年以上やりましたが、今回初めて6月(なのに)のメイフラワーコンサートを指揮いたしました。まだ新しい学年になってすぐですので、どうなるかと危惧しておりましたが、皆良い集中力を持ってやっていたと思います。前半の曲は音楽の遊びや洒落た感じが出ないと楽しめないのですが、多少硬さはあるものの、学生としては良くやっていたのではないかと思います。

後半の運命は3楽章でちょっとした事故があったのですが、弦楽器が頑張ってよくやってくれていたので、大事には至らずにすみました。他の1・2・4楽章はとてもいい流れで、あの暑い(冷房がないのです)記念講堂をいい音楽で満たしていたのではないでしょうか。

しかしながら演奏はさておき、ステージマナーや裏方の指導・教育は全く手抜き状態です。つまり上級生から何も教わってないのですね。OB/Ogを含めもっと上から伝えていくべき物はたくさんあるはずですので、良い伝統をこれから築いていってほしいと思います。

          hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »