« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

合奏団ZERO第4回定期演奏会終了しました

松岡究です。本日合奏団ZEROの第4回定期公演が終了いたしました。

お客様もやっと入っているなあというくらいに増えてきました。オケの演奏も今までのぎりぎりの表現から一歩でて表現力に幅が出てきた感じがします。モーツァルトは私が少し安全運転になったところがありまたオケに任せすぎた部分があって、その分演奏がおとなしくなってしまいました。もう少しデモーニッシュな部分と緊張感を表現したかったのですが、それは次回のお楽しみにします。しかしつくづくモーツァルトは精神とテンポ・音色のバランスが難しいと感じました。

ブラームスはオケの実力(表現力)が幅広くなってきたことを示すような演奏になったと思います。このシンフォニーは熱演にこそなれ、一本調子になることの多い交響曲です。それがかなりの深さまで踏み込むことが出来たように感じました。

まだまだ問題を解決していかなければならないのは事実ですが、指揮者としてオケの表現力がついてきたことに大変喜んでいます。

皆様の忌憚の無いご意見・お批判をお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

中野区民交響楽団第48回定期公演終了しました。

松岡究です。昨日中野区民交響楽団の演奏会が終わりました。特にフランクの交響曲では、劇的な表現や転調の妙がうまく行き、とても素敵な演奏になりました。

サン・サーンスの協奏曲では独奏の島根恵さんが素敵な音楽を奏でてくれました。音が実に綺麗でまた音楽の骨格もしっかり捕らえられて、納得のいく演奏でした。

最初の古風なメヌエットは、直前のリハーサルがうまくいきすぎ、本番では集中力を多少欠き残念でした。GPがうまく行くと本番がだめになるというジンクスそのものでした。

ご来場いただいた方はありがとうございました。皆さんのご意見ご感想をお待ち申し上げております。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

4月19日中野区民交響楽団、4月29日合奏団ZERO この2つのコンサートにご招待いたします

松岡究です。

来週の日曜日(19日)午後2時より中野ゼロ大ホールにて、中野区民交響楽団を指揮いたします。フランクの交響曲、サン・サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番、ラヴェルの古風なメヌエットというプログラムです。

また29日(祝)杉並公会堂にて午後2時より合奏団ZEROの第4回定期公演を指揮いたします。曲はモーツァルトの交響曲第40番、ブラームスの交響曲第1番です。

両日とも希望者はご招待いたします。

m-qchan@infoseek.jp

こちらにメールを頂くかこのブログから申し込んで下さい。当日受付に預けるようにしておきます。

    hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2009年4月 8日 (水)

今年日本オペレッタ協会で指揮いたします

松岡究です。今年日本オペレッタ協会に出演いたします。2009年10月10・11日、北トピアにてオペレッタ「シューベルトの青春」を指揮いたします。それに伴い9月28日から13回に亘って静岡~愛知にかけての小・中学校でスクーリングを行います。

東京オペラプロデュースでずっとオペラを指揮してきた私として、初めてのオペレッタへの挑戦です。頑張りますのでどうぞご期待ください。取り急ぎ告知させて頂きます。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »