« ベルリンコーミッシェオパー グルック「タウリスのイフィゲニー」 | トップページ | ベルリンドイツオペラ ツェムリンスキー「夢見るゲルゲ」 »

2007年6月 5日 (火)

ラトル指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 ピアノ ダニエル・バレンボイム

松岡究です。皆さんにお知らせがあります。4日付で本当はタイトルのブログをアップする予定でしたが、ラトル・ベルリンフィルの演奏会に限り、EMIミュージック・ジャパンの方に寄稿させていただく事になりました。

http://www.toshiba-emi.co.jp/classic/rattle/review/
今確認しましたが、私のレポートがアップされています。どうぞこちらを是非皆さんご覧下さい。

http://www.toshiba-emi.co.jp/classic/rattle/review/

         hakaru matsuoka

|

« ベルリンコーミッシェオパー グルック「タウリスのイフィゲニー」 | トップページ | ベルリンドイツオペラ ツェムリンスキー「夢見るゲルゲ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリンコーミッシェオパー グルック「タウリスのイフィゲニー」 | トップページ | ベルリンドイツオペラ ツェムリンスキー「夢見るゲルゲ」 »