« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年の2月に始めたこのブログも、もう60000件ヒットしました。日本に帰っている間は、ベルリンの情報を発信ということにはならないので、発行を控えさせていただいていますが、ベルリンにいる間は、出来るだけ発行したいと思っています。

実際こうやって書くことによって記憶に残りますし、そのことが私の音楽に大きく影響しているということは間違いの無い事実です。何か私の中でこの留学によって変わってきたことがあるのを実感しております。

どうか、今年も宜しくお願い申し上げますとともに、皆様のご多幸を心よりお祈りしております。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

ベルリン国立歌劇場ヴェルディ「椿姫」

松岡究です。今日は幾分寒さが和らいだものの、昼過ぎから雨。朝は日差しがあったのに、ヨーロッパの冬は暗いです。

演目   ヴェルディ:椿姫

配役   ヴィオレッタ:アンナ・サムイル

      アルフレード:サイミル・ピルグ

      ジェルモン:アンダース・ラルソン

      フローラ:カタリーナ・カンマーローハー   他

      指揮:ダン・エッティンガー

      演出:ペーター・ムスバッハ

この演出はさる6月にシェーファーがヴィオレッタを演じたので見ましたが、その時は「こんな見方が有ったのか」と衝撃を受けた覚えがあります。

今回はサムイルがヴィオレッタを演じました。素晴らしい歌手であることは疑いの余地はないのですが、この演出に関してはミスキャストであったと思います。彼女のヴィオレッタは動的で肉感のある所謂普通のヴィオレッタ。シェーファーのは静的で精神的な深さのある、透明感を持ったヴィオレッタだったのです。ヴィオレッタの死後その魂が回想するようにこの物語を運んでいくこの演出には、サムイルはその動作や立ち居振る舞いがうるさすぎました。

また前回は1階で見たのですが、今回は2階の左サイドからでした。そうすると舞台の仕組みがわかりすぎて、遠近感やミステリアスな絵が見れずじまいでした。そういう場所的なものも有ったのでしょうか、今回の椿姫はちぐはぐな感じをずっと持ったままで終わってしまいました。

アルフレードのピルグは「これぞイタリアの声」といってもいいくらいの、素晴らしい声の持ち主。音程に少々難があることを除けば、素晴らしいアルフレードでした。その反対にジェルモンはいただけません。まずかなり若くてまるでアルフレードの友達の様です。中声域は素晴らしいのですが、高音は全部力が入って、詰まってしまいます。それに指揮のエッティンガーと全く合わず、1拍すれたりすることがしばしば。2人の間に何か有ったのかと邪推したくなるくらい、ずれが目立ちました。

この演出はシェーファーあっての演出なのではないでしょうか。

     

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

ラトル指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

松岡究です。こちらは日の出が大体8時、日の入りが大体4時ということで、明るい日中が8時間もありません。目が覚めてもまだ真っ暗なので、なんだか感覚が狂ってしまいます。

曲目   R・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」

      モーツァルト:ピアノ協奏曲ニ短調Kv.466

             R・シュトラウス:「薔薇の騎士」より3幕のワルツと3重唱から最後まで

    ピアノ:内田光子

    マーシャリン:カミラ・ニルント

    ゾフィー:ローラ・アイキン

    オクターヴィアン:ステッラ・ドゥフェクシス

    ファニナル:デイル・デュシング

   指揮:サー・サイモン・ラトル

31日のジルヴェスターコンサートと同じプログラムの29日の演奏会です。

最初の「ドン・ファン」。さすがにオーケストラの機能性は抜群でうまい!しかしどこかあっさりしすぎていて、R・シュトラウスを聴いた感がしませんでした。例のホルンの主題もやけにあっさりとしてるんですね。これはラトルの体質というかよく言えば持ち味だとは思いますが、う~ん・・・もう少しねちっこい方が好きですね、僕は。

次の協奏曲。ラトルのアプローチは古楽器的で、今まで聴いたことのないサウンドを引き出していました。その反面、音響的には引き締まっているのですが、あの独特の内面を揺さぶるような叙情性というか、哀しさ(小林秀雄流に言う)がどこかに行ってしまったのはちょっと残念。内田さんのピアノは集中力のある音楽ですばらしくかったです。陰影に富んでおり、特にピアニッシモは特筆ものでした。ただフォルテで音が濁らないようにする配慮が過剰すぎたきらいも無いではないかな。

最後の「薔薇の騎士」。オクターヴィアンは本当はマグダレーナ・コジェナーがやるはずだったんですが、急病で急遽ドゥフェクシスに変わりました。彼女は大変素晴らしいメゾで、コーミッシェオパーの「薔薇の騎士」「コシ・ファン・トゥッテ」等で素晴らしい歌唱を聞かせてくれています。

3人の重唱はそれはそれは絶品で、3人ともにシュトラウスのあのラインを気品と素晴らしい音楽性で、描ききっていました。うっとりするような時間がずっと流れていました。ただラトルの音楽がやはりあっさりとしているので、豊穣な香りはかなり後退していたかな。残念!

今回は演奏時間が短かったせいもあってでしょうか、今年を締めくくる意味でのサービスもあってかアンコールが2曲。

J・シュトラウスの「ハンガリーポルカ」、そしてドヴォルザークのスラヴ舞曲第8番。

今回の演奏会はDVDとTVの収録もあって、いつに無く照明機材が多く設置されていました。ですからそのノイズがかなりあって、ちょっと閉口しました。

      hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2006年12月29日 (金)

ベルリンドイツオペラ モーツァルト「フィガロの結婚」

松岡究です。26日にベルリンに戻り、その時は日本とさして変わらない気候でしたが、昨日からとても冷え込んで、気温は0度前後。今日はうっすらと雪化粧をしていました。

演目   モーツァルト 「フィガロの結婚」

配役  伯爵:ジュローム・アントワーヌ

     伯爵夫人:ジャクリーン・ワグナー

     スザンナ:フィオンヌッラ・マッカーシー

     フィガロ:リチャード・バーンスタイン

     ケルビーノ:ウルリケ・ヘルツェル

     マルチェリーナ:チェリ・ウィリアムス

     バジリオ:ブルクハルト・ウルリッヒ

     バルトロ:ティチアーノ・ブラッチ  他

   指揮:イヴェス・アーベル

   演出:ゲッツ・フリードリッヒ

ベルリンのレベルからすると、少し低調な出来。出演者は皆、さして美声を持っているわけでもなく、発声が良い訳でもない。地方の舞台や、日本ではよく見られるれべるだとおもいます。その中では、フィガロを歌ったバーンスタインが出色。伯爵は音程が悪く音楽的にモーツァルトを表現しえず、スザンナは初めは全く声が客席に届かず苦戦。来るビーノはテンポが速いせいか、言葉が不明瞭で音程も下がり気味。夫人は高音に難があり、豊かさを表現するには、もう一歩及ばず。・・・・

指揮のアーベルも何を言いたいのか良くわからないテンポ設定。今時の流行?の古楽器的テンポはオーケストラには理解されていない感じ。ついぞ溌剌たる音楽は聴かれずじまい。

フリードリッヒの演出は1978年12月14日にプレミエを出したもので今回が113回目の舞台だそうです。オーソドックスで見ていて安心感はあるものの、少々古臭い感じは否めません。やはり東京のホモキのフィガロ、そしてコーミッシェオパーのフィガロは、私には今迄で一番のような気がします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

昨日ベルリンに戻りました

松岡究です。昨日ベルリンに戻ってきました。意外と寒くないんです。日本(東京)とさして変わらないなあという感触でした。こちらも暖冬のようです。

今回、機内で見た映画は「34丁目の奇蹟」「プラダを着た悪魔」「UDON」の3本。「34丁目」方はハートウォーミングな物語に心を打たれました。「プラダ」の方はメリル・ストリープの演技にさすが!とおもい、「UDON」に関しては、ストーリーはよくあるものですが、「うどんくいたいなあ」と心底思いました。

本は堺屋太一氏の「組織の盛衰」。機内で読むにはなかなか骨の折れる本でしたが、日本人そして企業・集団について深く考えさせられる鋭い本でした。

      hakaru matsuoka    

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

神奈川大学管弦楽団演奏会終わりました

松岡究です。23日神奈川大学管弦楽団の第50回記念演奏会が終了いたしました。この学生オケとかかわりを持って11年。今日の本番は彼らの演奏の中でも屈指の内容。

私の記憶では、今までの中でも5指に入る出来だったと思います。このコンサートをお聴きになった方がいらっしゃいましたら、ご意見・ご鞭撻ありましたらお聞かせいただければ大変幸いです。宜しくお願いいたします。

     hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

浜松交響楽団演奏会終わりました

松岡究です。浜松交響楽団の演奏会が日曜日に終わりました。大変難しいベートーヴェンの4番と言う難物を、彼らは大変な集中力と音楽に対する敬虔な気持ちで、素晴らしい演奏をしてくれました。

このコンサートを聴かれた方の投稿をお待ちしております。どうぞ宜しくお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

成城大レストロ・アルモニコ管 本番終わりました。

松岡究です。私の後輩でもある成城大の学生オケの演奏会が今日終わりました。いつも会場にしている50周年記念講堂が改築され、音響ががらりと変わっていました。

メインがブラームスの4番と言うことで、学生がどれだけその深い音楽に到達できるかが大きな課題でしたが、彼らは果敢に挑戦し見事に音にしてくれました。勿論色々傷はあるのですが、とてもよくまとまった演奏だったと思います。

昨日に引き続き、この演奏を聴かれた方の忌憚の無いご感想等をお聞かせいただければ、望外の幸せです。

      hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2006年12月 9日 (土)

12月9日合唱団アレス・クラー第1回演奏会終了しました。

松岡究です。本日合唱団アレス・クラーの本番が終わりました。多数の来場有難うございました。

第1回の演奏会でしたが、高いクオリティーを実現できました。ともすると歌の方は、プロやアマチュアに限らず、自分の喉をフルに使って、コントロールというものを忘れてしまう傾向があると思います。(きがくの演奏者ではこんとろーるしないということはありえないのです)それが今回は全部が全部と言うわけではありませんが、一人一人が自分をコントロールし、合唱としてのアンサンブルを良くやっていたと思うのです。

今回来場された方、どうぞ忌憚の無い意見をお聞かせ頂けたら大変幸いです。どうか宜しくお願いいたします。

    hakaru matsuoka

| | コメント (1)

2006年12月 4日 (月)

第九コンサート終わりました

松岡究です。

12月2日、東京オペラシティーにて、駒場高校の同窓生による第九演奏会

12月3日、津山文化ホールにて、岡山県津山市第九を歌う会

ともに無事終了いたしました。

両公演ともに私にとっては、大変勉強になる公演でした。

もし聴かれた方がいらっしゃいましたら、どうかご意見、ご感想をお寄せください。宜しくお願いいたします。

     hakaru matsuoka

| | コメント (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »