« ベルリンコーミッシェオパー 主席チェリスト クライフ・カナリウスのレッスン受講生募集 | トップページ | 昨日ベルリンに戻りました »

2006年8月26日 (土)

アジアユースオーケストラ演奏会

松岡究です。今日は合唱団アレス・クラーの代表の小針智子さんのご招待で、アジアユースオーケストラの演奏会を聞かせていただきました。

曲目  モーツァルト:交響曲第25番ト短調Kv.183

     モーツァルト:コンサートアリア Ruhe sanft ・・・ Kv.344/336a

                             コンサートアリア Ah, Io previdi ・・・ Kv.272

     マーラー:交響曲第4番ト長調

ソプラノ   イダ・フォーク・ウィンランド

指揮     オッコ・カム

このオーケストラは毎年夏にアジアの音楽学生を集めてアジアの色々な都市を回りながらプレイヤーとしての腕を磨く、世界各地で行われている音楽セミナーの一つです。東京での25日と26日の演奏会がこのオーケストラのフィナーレに当たる演奏会だそうです。

管楽器はほとんどミスなく吹いており、技術としてのれなる派かなり高いと思われました。しかし弦楽器は前の方に座っている奏者と後ろにいる奏者の間にかなり差があるようで、さすがに縦のアンサンブルは整っているものの音楽を感ずるにはいささか難点があったように思いました。

PやPPに対する配慮がほとんどなく弾きたい・吹きたい盛りなのでしょうか?交響曲2曲ともその音楽の持つ深遠さ・美しさを表現するには少し距離があったようです。指揮のオッコ・カムもそういうところを彼らに教育してほしかったですね。

しかしながら今日の大収穫はソプラノのウィンランドが素晴らしかったことです。今年若干24歳ながら、発声のテクニックはほぼ完璧で、自然なその発声から聞えてくる初々しい音楽はとても新鮮でチャーミングでした。若い時はともすると自分の声に頼り、またテクニックがなくても声が出てしまうばかりに、若い時に発声のテクニックをおろそかにする声楽家は数多くいます。そういう人は30歳を越えたあたりから徐々に壁にぶつかり40歳の時には既に歌手としての生命を終えてしまう人がかなりいる中、この年齢でこれほどのテクニックとコントロール術を身につけた人は稀有でしょう。そのまま世界的な歌手へ是非育っていってほしいものです。

       hakaru matsuoka

|

« ベルリンコーミッシェオパー 主席チェリスト クライフ・カナリウスのレッスン受講生募集 | トップページ | 昨日ベルリンに戻りました »

コメント

こんにちは。久しぶりにコメント書かせていただきます。現在はすっかり音楽から遠のいてしまっていますが、時間が出来たらまた活動を始めたいなぁなんて思っています。出来ればオケがいいけどフルートだとどこかのオケに入れてもらうのって難しいですよね。その前にトレーニングしないといけないです。今回のブログにあるオーケーストラがあると学生さんみたいに夏休みとかで時間が取れる人たちには最高の環境ですね。舞台に立つ回数もできるだけ多いほうが貫禄もついてくるだろうし。活動方法は多種多様だから私もがんばってみます。

投稿: あおのかえる | 2006年8月29日 (火) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリンコーミッシェオパー 主席チェリスト クライフ・カナリウスのレッスン受講生募集 | トップページ | 昨日ベルリンに戻りました »