« 日本に帰って来ていつも思うこと | トップページ | 私の推薦盤4 »

2006年7月27日 (木)

小澤征爾音楽塾 マーラー「復活」

松岡究です。今日はNTTの西尾さんのご好意により急遽小澤さんの演奏会を聴くことが出来ました。

曲目   マーラー:交響曲第2番「復活」

ソプラノ:松田奈緒美

アルト:ナタリー・シュトゥッツマン

管弦楽・合唱:小澤征爾音楽塾

指揮:小澤征爾

すばらしい演奏会でした。この東京の公演が最終回と言うことでしたが、いろんな悪い噂(オーディションの時は良かったけれど、いざ合奏してみるとアンサンブル能力が極端に悪い等)もなんのその!大変まとまりのある合奏と音楽で楽しませてもらいました。

まず小澤さんが素晴らしい。完全にこの「復活」は手の内に入っているのでしょう。じっくりと音楽に取り組んで、この若いオーケストラから充実した音楽を引き出していました。また特にナタリー・シュトゥッツマンの歌唱がやはり素晴らしく、声の良さもさることながら、音楽が素晴らしいと思いました。

合唱(宮松重紀指揮)もドイツ語の発音が多少気になった以外は素晴らしい合唱でした。数えたわけではないのですが、100名前後の人数だったと思います。やはり合唱は人数ではなく響きだとここでも納得させられました。

      hakaru matsuoka

|

« 日本に帰って来ていつも思うこと | トップページ | 私の推薦盤4 »

コメント

前略、
上記ブログを拝読させていただきました。
当演奏に関するご意見は多々見受けられるものの、合唱に触れているものは初めてではないかと思われます。私は合唱で参加していた一人ですが、発音に関してはドイツ人に一人づつ指導を受けましたが、それでもやはり難しい部分があるようです。響きに関しては、かなり難解なハーモニーでしたので宮松先生に徹底的にしごかれ、ある意味大変勉強になりました。いい経験ができました。東京組が50名、名古屋組が50名、その他松本、遠くは広島から参加していた方もおりました。東京組は二期会合唱団メンバー、新国立劇場合唱団メンバー、東京オペラシンガーズほか、とてもレベルの高い方々でしたが私含め名古屋組は素人に毛の生えた程度の集まりで、当初はどうなることかと心配しましたが何とかまとまったようで安心した次第です。やはりマエストロ小澤のなせる業といったところでしょうか。
早々

投稿: 相澤 英敏 | 2006年8月18日 (金) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本に帰って来ていつも思うこと | トップページ | 私の推薦盤4 »