« ベルリンコーミッシェオパー ヴェルディ「リゴレット」 | トップページ | ベルリンシュターツオパー ヴェルディ「運命の力」 »

2006年6月 8日 (木)

私の推薦本

松岡究です。先月の末に五嶋みどりさんのCDの番外として、藤原正彦さんの「国家の品格」を出しましたら、結構皆さん読んでらっしゃって、反響があったので、番外の番外で今日は本を推薦してみたいと思いました。

同名の映画もなかなかの佳作です。読んでいて、あるいは見ていて人間の一番大切なものについて考えさせられました。

博士の愛した数式 Book 博士の愛した数式

著者:小川 洋子
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

外国で暮らしていると、よく日本が見えるようになるといいますが、それは本当のことです。「なぜ日本人の敵は日本人だと言うことに気付かないのか」と言う言葉は重いです。

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006

Book

この国を、なぜ、愛せないのか~論戦2006

著者:櫻井 よしこ
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リッツ・カールトンのこの教えは、人世のために働く意味を本当に教えてくれると思います。

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 Book リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

著者:高野 登
販売元:かんき出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

僕だったら100%拾います。(笑)

千円札は拾うな。 千円札は拾うな。

著者:安田 佳生
販売元:サンマーク出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ベルリンコーミッシェオパー ヴェルディ「リゴレット」 | トップページ | ベルリンシュターツオパー ヴェルディ「運命の力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリンコーミッシェオパー ヴェルディ「リゴレット」 | トップページ | ベルリンシュターツオパー ヴェルディ「運命の力」 »