« プロフィールを更新しつつあります | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「トリスタンとイゾルデ」プレミエ »

2006年4月 8日 (土)

グルベローバ リーダーアーベント イン ベルリン 無しよ!

松岡究です。残念無念!!!グルベローバは病気と言うことで、今回のリサイタルは中止。代わってベッリーニの「夢遊病の女」が8時からやられると言うことでした。私はがっかりして、チケットを払い戻してもらって帰ってきました。

グルベローバは昨年の6月だったと思うのですが、ベッリーニの「清教徒」を聴きました。その時は勿論相変わらずの素晴らしさ。完璧なコントロールで楽しませてくれたのですが、たった一箇所、「ギャッ!」と喉声になったのがとても印象に残っているんです。これほどの人もバランスを崩したり、ドイチェオパーは大きいですから、充分に声は通っているのにそれにおびえて頑張ってしまうと、こういったことになるんだと思って大変興味深く聴きました。しかしその後はすぐに立て直して、いつものようにあの完璧さに戻ったのはさすがだとも思いました。

また4年前の4月にリーダーアーべントを同じドイチェオパーで聴きました。このときは家内がデトモルトに文化庁の派遣で留学していた時で、ベルリンに旅行したついでに聞いたんです。このときはリーダー(つまり歌曲)は何だかつまらなくて、水準以上なんだけど面白くなかったんですね。でもアンコールでオペラのアリアを2曲歌った時は、もう水を得た魚!!!あっという間に会場をそのオペラの世界へ誘ってくれました。「あ~、これを聴きたかったんだ」と、会場の皆が思ったような空気になりました。

それにしてもお年もお年ですから、今回のキャンセルで何か尾を引かなければいいんですが。ちょっと心配!

    hakaru matsuoka

|

« プロフィールを更新しつつあります | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「トリスタンとイゾルデ」プレミエ »

コメント

あらぁらぁ〜(-_-;)
それは残念だったわネ
何か、ここの所具合いが悪いみたいネ。
前、どなたかからも先日キャンセルの話しを聞きました。
心配だわ(>_<)

投稿: イリス | 2006年4月 8日 (土) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフィールを更新しつつあります | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「トリスタンとイゾルデ」プレミエ »