« バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「パルジファル」 | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管コンサート »

2006年4月11日 (火)

ドイツの食べ物について4

松岡究です。今日は一休み。またおいしい物についてちょっとお話してみます。ドイツでは今の時期になると、ホワイトアスパラ(Spargel)が出回り始めます。そして果物ではイチゴ・赤スグリなどの所謂ベリー類。

ホワイトアスパラを去年初めて買って自分で調理してみたんですが大失敗!グリーンアスパラとは違って、しっかりと皮を剥かないと食べられません。私はそんなことも知らずそのままゆでて、さあ食べようと口に入れた途端、手ごわい繊維の塊にびっくり。そのまま生くずかご行きでした。上の方のツクシンボウのようなところは剥かなくて大丈夫ですが、全体の3分の2にあたる茎?の部分はしっかりと皮むきをしないといけません。しかし2度目からは大変おいしく食べています。昨日も15本くらい食べました。私はマヨネーズ(こちらのマヨネーズは卵の風味がしっかりしている物が多いようです)かあるいはジャガイモのサラダと一緒に食べます。勿論ドイツの家庭ではいろんな食べ方があるようです。聞いた話ではゆでるより蒸す方がいいという話も聞いたことがあります。

イチゴは日本のものとは違って野性味たっぷりです。大体500グラムで2ユーロくらい。大きさはごついのから普通のイチゴの形をしたものまでさまざまで、味も酸っぱかったり、甘かったり一度に色々味わえてしまいます。日本のように品種改良が進んでいないと言うかほったらかしと言った方がぴったり来る感じです。他のベリー類も同じですね。この前も書きましたが、このベリーを所謂ケーキにたくさん使って、冬とは違ったケーキが登場してきます。これはおいしいですよ。3日前にもその赤スグリ(Johannisbeere)のケーキを初めて食べましたが、程よい酸味と甘さでGut!

まだまだ寒いベルリンですが、味覚は春になっています。

    hakaru matsuoka

|

« バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「パルジファル」 | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場「パルジファル」 | トップページ | バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管コンサート »